ウェブマネーを「Amazon」で使う方法【アマギフ活用】

ウェブマネーで「Amazonギフト券」の購入を購入できればウェブマネーの残高をAmazonギフト券に移せるのでAmazonでお買い物ができます。

ただし、この方法は前提として「WebMoneyウォレットアプリをダウンロードしてリアルカードを発行していること」が条件です。

コンビニ等で買えるシートタイプのウェブマネーではAmazonギフト券を購入できません

その辺の対処方法についてもいっしょに解説していくよ!

ウェブマネーでAmazonギフト券を購入【Amazon利用】

WebMoneyウォレットアプリ」を使えば「WebMoney PINCOM」というサイトでウェブマネーでAmazonギフト券を購入できます。

方法①:「WebMoney PINCOM」でAmazonギフト券を購入

WebMoney PINCOM」は、株式会社ウェブマネーが運営する会員登録不要のプリペイドカード販売サイトです。

WebMoney PINCOMでは、国内で初めて「Amazon.co.jp」以外のオンラインショップでAmazonギフト券が販売されて話題となりました。

「WebMoneyウォレットアプリ」が必要になるのでダウンロードしておきましょう。

 

WebMoneyウォレットアプリをダウンロード
  • ステップ1
    WebMoneyプリペイドカードの発行手続き
    スマホアプリを開き、電話番号を記入、SMSで受け取った5ケタの認証コードを記入、「WebMoneyプリペイドカードはお持ちでしょうか?」に対して持っているか持っていないか回答(今回は「持っていない」として解説)
  • ステップ2
    磁気カードの申込みを行う
    「WebMoneyカード」のLITE版の作成は完了だが、「申込む」から磁気カードを作成しておく(磁気カードを後で申し込むと安全を維持するために14日後利用停止となるため)
  • ステップ3
    必要情報を記入
    氏名、生年月日、希望するカード暗証番号、住所、メールアドレスなどWebMoneyカード発行に必要な情報を記入
  • ステップ4
    カードが自宅に届くまで待つ
    磁気カードが届くまで2日~1週間程度かかる(自宅に届いたら、アプリの「カード設定」から「カード受け取り確認をする」からカード裏面右側中央部の3ケタのPINコードを記入して受取確認を完了させる)

時間がかかるので発行は早めにしておきます。

 

以前はシートタイプウェブマネーでWebMoneyウォレットにチャージできたが今はできなくなっている。以下のようなチャージ方法しかないので注意。

スクリーンショット出典:WebMoneyアプリ「チャージ」画面

今後再度シートタイプウェブマネーでもチャージできるようになる可能性もある。ひとまずは上記の方法でアプリにチャージしておこう。

Amazonギフト券購入の流れ
  • ステップ1
    好きな券種を選ぶ
    スマホから「WebMoney PINCOM」を開く。パソコン等スマホ以外だとアクセスできないので注意。Amazonギフト券の購入ページからAmazonギフト券額面500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円の中から欲しい券種を選ぶ
  • ステップ2
    注文を確定する
    欲しい券種(各券種1枚ずつのみ購入可能/複数券種の購入可能)を「ご購入はこちらから」をタップ、「WebMoneyウォレットアプリで支払う」を選択するとアプリが立ち上がるので注文を確定させる。
  • ステップ3
    コードを発行するメールを記入
    コードを発行するメールアドレスを記入する
  • ステップ4
    コードが届く
    指定したメールアドレスにAmazonギフト券のコードが届く(Amazonギフト券の購入完了)

Amazonギフト券が無事に届いたらAmazonで利用しましょう。

元のウェブマネーはゲームの他、動画、SNS、電子書籍等の支払いで使えますので、Amazonでしか購入できない商品を購入できると良いですね~。

方法②:Amazon公式からでもギフト券購入可

WebMoneyプリペイドカード(実物カード・アプリ)が通常のシートタイプウェブマネーと違うのは、オンラインショップで番号と有効期限などを入力して、クレジットカードのように利用できるという点です。

WebMoneyプリペイドカードは「Mastercard」ブランドのカードとしても使うことができるぞ。

もちろんクレジットカードではないので発行にも審査は不要だ。

AmazonでもMastercardブランドのカードは利用できるので、AmazonでもWebMoneyプリペイドカードが使えるんだ

あとは以下の流れでAmazonギフト券を購入できます。WebMoneyプリペイドカードにチャージしてAmazon公式サイトでAmazonギフト券を購入しましょう。

Amazonギフト券購入の流れ
  • ステップ1
    AmazonでAmazonギフト券を購入する
    Amazonで「Amazonギフト券Eメールタイプ」の購入ページを開き、金額に必要金額(WebMoneyカードに移行した残高全額など)を指定し、受取人のEメールアドレスに自分のメールアドレスを記入
  • ステップ2
    購入を確定する
    その他の支払い方法で「クレジットカード」の欄で「カードを追加」をクリック・タップ、WebMoneyカードの「カード名義人(半角ローマ字)」と「カード番号」、「有効期限」をそのまま記入(Mastercardブランドのカードとして決済するのと同じ)、記入が完了したら登録したWebMoneyカードで決済する
  • ステップ3
    自分のメールアドレスにAmazonギフト券が届く
    先ほど指定したメールアドレスにAmazonギフト券(デジタルコードのみ)が届く
カンキンマン
カンキンマン

購入したAmazonギフト券を利用してAmazonでのお買い物を楽しもう!

Amazonにこだわらない?ウェブマネーを現金に換えるのもおすすめ【裏技】

現金の方がAmazonギフト券よりも使い勝手が良いですよね

特にAmazonにこだわりがないならウェブマネーの残高を現金化してしまっても良いでしょう。本来であればウェブマネーは払い戻し(現金化)できませんが、この裏技なら現金化できます。

先ほどの方法でWebMoneyプリペイドアプリでAmazonギフト券を購入してしまったら「ギフト券買取サイト」でネット上でデジタルコード部分を買取依頼して指定口座に換金代金を振り込んでもらえます。

以下の記事を参考にギフト券買取サイト「買取ボブ」で買取依頼しよう!

【シートタイプ】ウェブマネーのAmazon以外の使い道【現金化】

シートタイプのウェブマネーはAmazonギフト券が購入できませんし、現在はWebMoneyプリペイドカードのアプリにもチャージできなくなってしまいました。

そのため、シートタイプのウェブマネーは本来の使い道で、Amazon以外のサイトで利用せざるを得ません。

Amazon以外の使う宛がないというならいっそのこと現金に替えてしまった方が良いかもしれません

ただし、ウェブマネーは払い戻しによる現金化ができないので裏技での現金化となります。

シートタイプのウェブマネーを現金化する方法
  • ステップ1
    ウェブマネーで購入する商品を選ぶ
    WebMoneyが使える場所」を開き、タレントグッズ・キャラクターグッズ、PC周辺機器、ファッション、コスメからウェブマネーの残高内で購入できそうな商品を抑えておく。複数候補挙げておく。
  • ステップ2
    メルカリチェック
    メルカリを開き、ステップ1の商品がどれくらいで売られているかチェック。メルカリの相場が購入価格の8割を切るようだったら候補から外す。
  • ステップ3
    ウェブマネーで購入してメルカリで売る
    ステップ2で厳選した商品をウェブマネーで購入し、メルカリで売る。メルカリから指定口座に出金するだけ(ウェブマネー現金化完了)。

メルカリを使える必要がありますが、シートタイプのウェブマネーを現金に戻せる唯一の方法です。ぜひお試しください。

さらに詳しい換金の方法は以下の記事で紹介します。

Amazonギフト券は換金できる!現金ゲット可

先ほどの方法で購入したAmazonギフト券を「買取専門業者」に転売・換金することもできますよ。

現金不足の方はこれから紹介する方法をお試しください。

「Amazonギフト券に交換してもAmazonで使う宛がない」という場合は現金化しておいても良いでしょう。

買取業者間のAmazonギフト券換金率相場は81~84%であり、額面の8割の現金に換えることが可能です。

そこで下記の記事ではAmazonギフト券の換金方法について詳しく解説しています。

手に入れたAmazonギフト券をどうしていいか分からない方は下記の記事を参考に、現金に換えてしまいましょう。

クレカ現金化目的なら、確実なのはクレカ現金化業者。申込、決済後すぐに入金され、換金率は80%、優良店でやれば安心安全!

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

クラッチ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。
クラッチなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

まとめ

今回はウェブマネーの使い方【Amazon編】を解説してきました。

Amazonの支払いにウェブマネーを使用することはできませんが、ウェブマネーを活用してAmazonギフト券を購入することはできましたね。

そこで今回はAmazonギフト券の購入方法(Amazon/WebMoney PINCOM)を紹介しました。

また、購入したAmazonギフト券の活用方法として現金に換える方法も解説しましたね。

カンキンマン
カンキンマン

今回紹介した方法でウェブマネーの残高を有効活用しよう。

Amazonギフト券
カンキンマン

なんでも換金し、より高い換金率を求めて戦い続ける換金戦士。
モットーは「カンキンマンの言う通りにやれば、換金率は最大限に高めることができる」。
クレカ現金化でさえ、業者を利用せず、自分で手軽にしかも高換金率でできてしまう!
換金情報を世に広めるために生まれてきた換金ヒーロー♪

カンキンマンをフォローする
シェアする
カンキンマンをフォローする
換金戦士@カンキンマン

コメント

タイトルとURLをコピーしました