Amazonギフト券の買取方法・タイプ別換金相場|おすすめ優良店3選

この記事では、Amazonギフト券の買取方法を徹底解説していきます。

「Amazonギフト券を買取したい」「買取して現金にしたい」と思っても、Amazonギフト券には様々なタイプ(カード、メールなど)があります。

ゆえに、買取方法を考えると混乱してしまいますよね。

 

そこで今回は買取方法について明確に紹介するとともに、タイプ別の換金相場を換金初心者でもわかりやすく説明していきます。

途中でおすすめの優良店(買取サイト)についても紹介するので、Amazonギフト券買取を検討する際は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

それでは、Amazonギフト券の買取について余すところなく解説していきます。

 

これだけ押さえればOK!Amazonギフト券の買取方法

カンキンレッド
カンキンレッド
店頭・サイトの2種類の買取方法を理解して、Amazonギフト券をカンキンしよう!

Amazonギフト券のタイプはたくさんありますが、買取の方法はたった2つしかありません。

  • 方法その1:Amazonギフト券を店舗で買取してもらう方法
  • 方法その2:Amazonギフト券を買取サイトで買取してもらう方法

つまり、この2つの方法だけ理解すれば、誰でもAmazonギフト券の現金化ができるというわけです。

スマホのキャリア決済でもAmazonギフト券を購入できるので、未購入の方は、購入しておきましょう。

 

方法その1:Amazonギフト券を店舗で買取してもらう方法

金券を扱う店舗を金券ショップとも呼びます。

金券ショップとは、商品券・ギフト券などの金券類の買取を専門に行う買取業者のことです。

この方法は、最寄りの金券ショップに向かい、Amazonギフト券を買取・換金してもらう方法となっています。

準備物は本人確認書類、Amazonギフト券であり、通勤途中や帰宅途中に立ち寄って店頭で「買い取って欲しい」という旨を告げるだけとなっています。

取引相手の顔も見える上に、店員の案内に従うだけで良いので、初心者におすすめの方法です。

 

注意!金券の買取業者はAmazonギフト券を扱ってくれない傾向あり

 

カンキンブルー
カンキンブルー
Amazonギフト券を買い取ってくれる金券ショップを探そう!

金券ショップを始め、金券類の買取業者では、Amazonギフト券の買取を断られる傾向が強いです。

その理由は様々ですが、「Amazonギフト券は使用済みか確認できないため」とされています。

ゆえに、事前に下調べをせずに、飛び込みで金券ショップに向かうとあっさり買取を断られる恐れがあります。

実際に金券ショップに行けば分かりますが、自動ドア・レジ横に「大変申し訳ありませんが、Amazonギフト券の買取は断らせていただいております。」というような注意書きが掲載されている場合も多いです。

Amazonギフト券に対応しているかどうかネットで調べてから向かうようにしましょう。

 

方法その2:Amazonギフト券を買取サイトで買取してもらう方法

ネット上には、金券の買取に特化した買取サイトが存在します。実店舗がある金券ショップのオンライン版といったイメージで間違いはありません。

しかし、以下のように、金券ショップとは流れが異なりますので、ご注意ください。

  • ステップ1:各サイトの買取申込みページを開く
  • ステップ2:Amazonギフト券の送付を促す通知が届く
  • ステップ3:Amazonギフト券を送付する
  • ステップ4:査定完了後、指定口座に入金される

以上4ステップは深夜帯を除き、1日以内に済みます。

買取サイトは自宅にいながら、買取をしてくれるサービスですので、金券ショップが遠隔地にある場合などにおすすめの方法です。

また、金券ショップとは異なり、Amazonギフト券の買取を積極的に行う買取業者が多いため、確実に買い取って欲しい場合はこちらの方法をおすすめします。

カンキンレッド
カンキンレッド
金券ショップと比較するとやることが多そうに見えるが、非常に簡単で手続き自体は10分程度で済む場合もあるぞ!

 

注意!買取サイトの中では悪質な詐欺サイトもある

買取サイトの場合、金券ショップ(店舗)と比べて詐欺が発生する傾向があります。詐欺サイトの特徴は以下のように3つあります。

  • 詐欺サイトその1:知名度・人気度の低さ
  • 詐欺サイトその2:古物商許可番号がない
  • 詐欺サイトその3:換金率の異常な高さ

これらの特徴をもった買取サイトが必ずしも詐欺サイトとは限りませんが、疑わしいサイトであることは確かです。

傾向をつかんで、悪質な詐欺サイトを見抜けるようにしておきましょう。

 

詐欺サイトその1:知名度・人気度の低さ
カンキンブルー
カンキンブルー
なるべく有名なサイトに買取を依頼してくれ。

詐欺サイトの傾向として、知名度・人気度の低さがあります。知名度が低いということは利用者が少ない買取サイトのことです。

利用者が少ない理由のほとんどが、新設されたばかりか何らかの理由で評判が悪いかいずれかとなっています。

Googleなどの検索エンジンで「Amazonギフト券 買取サイト」と調べても検索結果のトップに出てこないようなサイトは利用しないことをおすすめします。

また、買取サイトを利用する前には、買取サイトのレビューサイトや掲示板を利用して、評判を確認しておきましょう。

 

詐欺サイトその2:古物商許可番号がない
カンキンレッド
カンキンレッド
サイトをのぞいたら、まずは古物商許可番号をチェック!

詐欺サイトの傾向として、古物商許可番号の掲載がないということも挙がります。

古物商許可番号とは、中古品取引に必要になる「古物商許可」を申請する際に警察から発行される番号です(例:○○公安委員会 第○○○○○○○○○○○○号)。

この「古物商許可」は、国(警察)に申請する必要があり、無許可で買取サイトを運営することはできません

さらに、古物商許可番号の掲示は法律で義務化されているので、掲載されていない場合、そのサイトは違法サイトである可能性が高いです。

買取サイトでAmazonギフト券を買い取りしてもらう際は、サイト内を探し、「運営会社情報」から「古物商許可番号」の掲載があるか確認しましょう。

 

詐欺サイトその3:換金率の異常な高さ
カンキンブルー
カンキンブルー
換金率は高すぎても「ダメ」なんだ。

詐欺サイトの傾向として、異常な換金率の高さもあります。買取業者も商売をしているため、利益を出さなければいけません。

本来であれば換金率が高ければ高いほど、買取サイトにとっては不利になるはずです。しかしながら、「98%」「99.8%」といった換金率を掲げる買取サイトも存在します。

このようなサイトは高い換金率でお客をつり、後で文句をつけられ、高額な手数料を請求されるケースが少なくありません。

詐欺サイトの換金率は高くても「90%~95%」ということを意識しておきましょう。

 

買取に必要な本人確認書類とは

本人確認書類とは、買取の際に必要になる証明書のことで、本人確認の義務が法律で定められています。

氏名・顔写真・生年月日などが掲載されている運転免許証・パスポートが求められる場合が多いです。

運転免許証・パスポート以外にも、以下のような本人確認書類が有効とされるケースがあります。

  • 運転経歴証明書
  • 健康保険証
  • 学生証
  • 外国人登録証
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 障害者手帳
  • 住民基本台帳カード(タイプA・B)
  • 社員証

ただし、この辺は金券ショップ・買取サイトによって定義が異なり、本人確認書類として使用できない証明書もあります。

買取手続きの際に案内がある場合は多いのですが、手続きを始める前に確認して用意しておきましょう。

 

 

混乱解消!Amazonギフト券タイプ別の換金相場

Amazonギフト券には以下のような種類が存在します。

  • Eメールタイプ
  • カードタイプ
  • PDF印刷タイプ
  • 商品券タイプ

Amazonギフト券はコードが記載されているカードタイプが有名ですが、他にも3種類あります。

それでは、それぞれのタイプの違いや換金相場について詳しく解説していきます。

違いを押さえて、シーンに応じたタイプで換金しましょう。

 

Amazonギフト券Eメールタイプの換金相場

カンキンレッド
カンキンレッド
Eメールタイプは換金率が高いことが特徴だ。

換金率:75~95%

EメールタイプはAmazonなどのオンラインストアで発行できるAmazonギフト券です。

Amazon上で発行可能で、15円~50万円までの間で1円単位で残高を設定して発行することもできます。

また、Eメールタイプはデジタルコードのみであり、買取の際に商品(実物)を発送する必要がないので、取り扱いが非常に楽です。

しかし、Eメールタイプは金券ショップなどの店舗で買取を断られるケースがあります。

特に金券ショップでは、実物のあるカードタイプや印刷タイプ、商品券タイプの提示を求められる場合が多いです。

Eメールタイプを売りたい場合は、店舗ではなく、Amazonギフト券を買い取ってくれる買取サイトを探しましょう。

 

Amazonギフト券カードタイプの換金相場

カンキンブルー
カンキンブルー
カードタイプは店舗や買取サイトで、買取を断られるケースも多いから、コツをつかむ必要がある。

換金率:70~90%

カードタイプはコンビニなどで購入できるカード型のAmazonギフト券です。

カードタイプには、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、バリアブル(1,500~50,000円の間で、1円単位で残高を設定して発行可能な券種)があります。

残念ながら、カードタイプは金券ショップを中心に買取を断られるケースが多いです。

しかし、中にはきちんと買取に応じてくれる買取サイトもありますので、カードタイプの買取は買取サイトをおすすめします。

 

購入する場合は、以下のコンビニに向かいましょう。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ

換金率はEメールタイプに劣りますが、コンビニですぐに買えるのでおすすめの方法です。

クレジットカードを利用して購入することもできるので、購入方法を確認したら、現金化に応用しましょう。

 

Amazonギフト券PDF印刷タイプの換金相場

カンキンレッド
カンキンレッド
PDF印刷タイプもデジタル形式だが、Eメールタイプは違うぞ!

換金率:70~90%

PDF印刷タイプのAmazonギフト券は、PDF形式のギフト券を自分で印刷して使用します。

15円~50万円までの間で1円単位で残高を設定して発行することが可能です。

Eメールタイプと似ているのですが、需要がないためか、買取を断られるケースが多いです。

現金化したい方はEメールタイプの購入をおすすめします。

どうしても換金したい方は、金券ショップではEメールタイプ同様に買取を受け付けていない可能性が高いため、PDF印刷タイプを換金してくれる買取サイトを探しましょう。

 

Amazonギフト券商品券タイプの換金相場

カンキンブルー
カンキンブルー
プレゼント用ということで、見栄えは良いんだが、換金には一工夫必要になる。

換金率:70~90%

商品券タイプは、コンビニで見かけるカードタイプと異なり、封筒に商品券のような紙状のAmazonギフト券が封入されているタイプです。

販売金額が1,000円と5,000円しかないため、複数購入をしない限り、現金化には適していない券種となります。

カードタイプと同様に買取を断られるケースが多いため、きちんと買い取ってくれる業者を見つけなければいけません。

商品券タイプを売りたい場合は、買取を断られやすい店舗ではなく、買取サイトを利用しましょう。

 

登録済みのAmazonギフト券の買取を依頼する裏技

カンキンレッド
カンキンレッド
AmazonでAmazonギフト券を使用して、Amazonギフト券を購入しようとすると、「ギフト券では購入できません」の文字。でも、諦めないで欲しい。

残念ながら、Amazonのアカウントに登録済みのAmazonギフト券は、買取不可能です。

しかし、以下のように工夫すると換金できるようになります。

  • 裏技その1:AmazonでiTunesカードを購入・換金
  • 裏技その2:Amazonで換金率の高い商品を購入・転売

2つの裏技の方法について、解説していきます。

 

裏技その1:AmazonでiTunesカードを購入・換金

AmazonでAmazonギフト券を購入する場合、Amazonギフト券を利用することはできません。

しかし、Amazonギフト券を利用して、iTunesカードを購入することならば可能です。

iTunesカードもAmazonギフト券同様に買取サイト・店舗(金券ショップ)で買取が強化されている場合がほとんどで、換金に利用できるギフトカードとなっています。

したがって、すでにアカウントに登録してしまった場合は、Amazonギフト券でiTunesカードを購入して、そのiTunesカードを買取依頼し、換金しましょう。

 

裏技その2:Amazonで換金率の高い商品を購入・転売

Amazonで換金率の高い商品を見つけて、登録済みのAmazonギフト券を用いて購入しましょう。

はたから見れば、Amazonギフト券で商品を購入しているだけでなので、何の問題もありません。

また、Amazonにある換金率の高い商品には特徴・傾向があります。

コツさえつかめば、自分で選んで、商品を購入・転売して現金化に応用することが可能です。

 

買取を依頼したくなる!おすすめ優良店厳選3つ

Amazonギフト券の買取を積極的に行う店舗は少ないです。

店頭での買取に対応している金券ショップを探すよりも、すでにAmazonギフト券買取サイトで買取を依頼した方が効率的となります。

そこで今回は簡単に買取を依頼できて、信頼性の高い買取サイトを厳選しました。

Amazonギフト券の買取を依頼する際には、ぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめ買取サイト1:業界最速でAmazonギフト券に特化「アマプライム」

参照元:アマプライム

アマプライムは、Amazonギフト券の買取依頼を検討する際に、一度は名前が挙がるほどの有名買取サイトです。

Amazonギフト券の買取に特化したサイトで、換金にかかる時間は業界最速とも言われています。

 

おすすめ買取サイト2:いつでも換金できる「買取本舗」

参照元:買取本舗

買取本舗は24時間年中無休でAmazonギフト券買取に対応してくれる買取サイトです。

振込手数料がかからないため、なるべく購入金額に近い金額で換金したい方におすすめのサイトとなっています。

 

おすすめ買取サイト3:困ったら老舗で安心「買取ボブ」

参照元:買取ボブ

買取ボブは買取サイトの中でも営業年数が長く、「優良店」として評判も良い買取サイトです。

手数料無料で、運営元が信頼できる点がおすすめできるポイントとなっています。

 

まとめ

Amazonギフト券の買取方法は以下の2通りです。

  • 方法その1:Amazonギフト券を店舗で買取してもらう方法
  • 方法その2:Amazonギフト券を買取サイトで買取してもらう方法

今回は買取サイトでのAmazonギフト券買取を中心に紹介してきましたが、最寄りの金券ショップでもAmazonギフト券の買取を行っている場合もあります。

お気に入りのAmazonギフト券買取業者を見つけて、お得に換金してくださいね。

カンキンマン
カンキンマン
当メディアでは、Amazonギフト券を利用した現金化に関するお得な情報を随時公開していくぞ!お見逃しなく!

最初のコメントをしよう

必須