Amazonギフト券を金券ショップで買取できない理由と方法

Amazonギフト券などの金券の買取(売る)や販売(買う)といえば「金券ショップ」が思い浮かぶでしょう。

金券ショップの店頭には専門の査定スタッフがいるので、安心して買取を依頼できますよね。金券ショップにAmazonギフト券の買取を依頼したい方も多いと思います。

また金券ショップでAmazonギフト券を格安で購入したい等という声もあがっています。

金券ショップでAmazonギフト券の取り扱いがあればどんなにうれしいでしょうか。

スクリーンショット出典:Tickety

結論から申し上げますと、残念ながらAmazonギフト券は金券ショップでの取り扱いがありません。

「売れない」「買えない」で終わるのは悲しいですので、金券ショップを利用したAmazonギフト券の買取・購入方法を紹介します。

金券ショップでAmazonギフト券を買取(販売)しない理由【元店員が語る】

金券ショップでAmazonギフト券を買い取ってくれない理由として次の4つが考えられます。

理由①:使用済・未使用の判断が付けられない

金券ショップのような買取業者側はAmazonギフト券を買い取ったらまず必ず「中古として再販売すること」を考えなければなりません。

せっかくAmazonギフト券を買い取っても、残高がなければ(使用済ならば)売り物になりませんよね

ところが、Amazonギフト券はデジタルコードの状態では使用済・未使用の判断が付けられません。

残高を確認しようとAmazonギフト券のデジタルコードをサイト上で打ち込むと残高が紐付けられ、デジタルコードが失効して売り物にならなくなります。

残高の確認のしようがないというわけだ。

お店の人に「何の価値もないかもしれないものを買え」といわれたら、みなさんは買いますか?金券ショップは使用済のデジタルコードを未使用と偽って売られるのが怖いというわけです。

理由②:デジタルコードが扱いづらい

デジタルコードの部分のみが価値を持つ仮想的な商品を、金券ショップは商品としてどのように陳列するか悩みます。

買い取っても商品として扱いづらいのでAmazonギフト券の取り扱いを遠慮していると聞いたことがあります。

理由③:Amazon側の規約を順守している

Amazon側には「Amazonギフト券を換金してはいけない」と細則で定められています。万が一金券ショップがAmazonギフト券を買い取ってしまうと「共犯」として、Amazon側から目をつけられてしまいます

「GAFAの一角」「天下のAmazon」ですので金券ショップだってAmazonを敵に回したくはありません。金券ショップがこの規約を順守してAmazonギフト券の取り扱いを断っていても何ら不思議ではないです。

理由④:クレジットカード現金化に加担しない

クレジットカードで購入したAmazonギフト券を金券ショップが換金すれば「クレジットカード現金化」が成立します。

クレジットカード現金化はカード会社の規約違反行為ですがAmazonギフト券はクレジットカードで購入できるのでクレジットカード現金化の常套手段として利用されています

金券ショップはこのクレジットカード現金化に加担しないために、Amazonギフト券の買取を断っているという背景もあります。

ネットの金券ショップ「電子ギフト券買取サイト」なら買取対応している

金券ショップはAmazonギフト券を買い取るリスクをよく理解しています。逆にそのリスクを承知で、金券ショップが未進出の「電子ギフト券買取(以下買取サイト)」という進出したのがギフト券買取・販売サイトです。

Amazonギフト券換金に最適?「買取サイト」とは

この「買取サイト」とは、Amazonギフト券のようなギフトカード式の金券買取に特化した業者のことです。

金券ショップのように各都道府県の公安委員会から「古物商許可(中古品の取引に必要)」を得ているケースが多く、まさに「オンライン版の金券ショップ」と言えます。

買取サイトはAmazonギフト券の買取の「鉄板」とされているよ。

でも、買取サイトではなぜ買取に応じているのかは不明だ。

使用済みのギフトカードを売られるリスクを承知の上で、金券ショップとは一線を画する形で営業しているのかもしれないな。

この買取サイトを利用するメリットは以下の通りです。

  • メリット1:金券ショップで売れなかったAmazonギフト券を換金できる
  • メリット2:オンライン手続きで即日(即時)換金できる
  • メリット3:会員登録で次回からスピーディに手続きできる

買取サイトはすべてオンライン上の手続きで済み、金券ショップのように店頭まで向かったり商品を郵送する手間はありません。

手続き自体も10分~1時間程度で終わることも多く、振込にも時間がかからないため、Amazonギフト券を即日(即時)換金できます。

また、買取サイトは会員登録も可能で、登録しておけば次回以降の記入項目が減り、断然早く換金できますよ。

定期的にAmazonギフト券を換金したい方におすすめです。

買取サイトとAmazonギフト券について、もっと詳しく知りたい方は下記の記事をチェックしておこう。

準備物や優良買取サイトの見抜き方、おすすめ買取サイトを紹介していくぞ。

買取サイトでの買取の手順

どの買取サイトでも買取手続きの流れは同じで、以下のような流れでAmazonギフト券の買取手続きを進めていきます。

買取手続きの流れ
  • ステップ1
    買取サイトへアクセス
    買取サイトにアクセスし、申込フォームから必要事項を記入
  • ステップ2
    登録
    本人確認書類を写真に撮るなどしてアップし、登録
  • ステップ3
    口座登録
    口座登録を行う
  • ステップ4
    入金
    Amazonギフト券の買取が完了次第、口座に代金が振り込まれる

即日換金が可能です。

Amazonギフト券の換金率はどれくらい?

ネットの金券ショップ・買取サイトでのAmazonギフト券換金率は70~90%といわれています。Amazonギフト券は中古市場に一定の需要があり、株価のように毎時、取引価格が変動しています。

換金率が安定していておすすめなのは「買取ボブ」!詳しくは以下のメディアで解説しているゾ!

Amazonが面倒に感じたなら、変動なしの固定換金率80%のクレカ現金化業者が安心で手っ取り早い!

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

クラッチ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。
クラッチなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

Amazonギフト券は金券ショップで買うことができる?

「売れないなら買える?」と思うかもしれませんが、金券ショップではAmazonギフト券を販売することはまずありません。

そもそもAmazonギフト券販売の入り口にあたる「中古Amazonギフト券の買取」という行為を行わないので金券ショップにはAmazonギフト券の在庫が存在しないと考えて下さい。

ただし、こちらもネットの金券ショップ「ギフト券専門販売サイト」では取扱があります。

おすすめはアマギフトです。業界一番の老舗で買取ボブ・買取マンボウ・買取タイガーといった「ギフト券買取サイト」を複数展開する「お魚通販ドットコム」が展開する販売サイトとなります。

本当にAmazonギフト券が金券ショップで売り買いできないか聞いてみた

大手金券ショップ3つに問い合わせて本当にAmazonギフト券が売れないか確認してみました。

金券ショップ①:アクセスチケット

アクセスチケットは関東・関西を中心に数十店舗を展開する大手金券ショップですが「取り扱いがない(購入・買取不可」とのことです。

公式サイト上では「Amazon商品券」の記載があったが、こちらも「買取不可」のようだ。

金券ショップ②:甲南チケット

甲南チケットは関西を中心に店舗を展開する大手金券ショップです。こちらでも「購入や買取はできない」とのことです。

全国を代表するアクセスチケット・甲南チケットのような大手金券ショップで取り扱いがないのでこれはもう諦めだ。

金券ショップ③:チケット大黒屋

大黒屋といえば全国的に展開している業者で、金券だけではなく貴金属類やブランドものの買取にも対応する大手金券ショップですよね。

大手の業者でもAmazonギフト券の買取を受け付けていないか見ていきましょう。

大黒屋の買取価格/レートの一覧をチェックしてみたよ。

ここには大黒屋で取り扱われている金券の一覧が載っているんだ。

その結果、残念ながら「Amazonギフト券」の記載はありませんでした。

つまり、大黒屋にAmazonギフト券の買取は依頼できないということです。

同様にGoogle playギフトやiTunesカードのレート情報の記載もなかった。

やはり金券ショップ店頭でギフトカード式の金券を売却するのは困難だろう。

Amazonギフト券と金券ショップを利用してクレジットカード現金化したい?

金券ショップではAmazonギフト券が売れません。もしAmazonギフト券を利用してクレジットカード現金化したいのであれば別の方法を考えましょう。

金券ショップ買取以外にAmazonギフト券を現金化する方法

「金券ショップ・買取サイトは不安だから他の方法で換金したい」という方もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが、「換金率の高い商品を利用した現金化」です。

これなら金券ショップ・買取サイトを利用せずにAmazonギフト券を現金化することができます。

考え方は非常に簡単で、

金券ショップ・買取サイトを利用しない現金化
  • ステップ1
    Amazonで商品購入
    Amazonで高く売れそうな商品を購入
  • ステップ2
    Amazonギフト券の額面を登録して利用
    Amazonのアカウント上でAmazonギフト券のコードを記入、額面を登録して商品の購入代金に充てる
  • ステップ3
    購入した商品が届いたら転売
    AmazonでAmazonギフト券で購入した商品が届いたらリサイクルショップに転売

とたったの3ステップです。

つまり、購入した商品を売って現金化するだけですね。

ただし、どんな商品でも高く売れるわけではありません。

Amazonで高く売れる商品は慎重に選ぶ必要があります。

例えば、そのような商品には以下ような特徴がありますよ。

  • 特徴その1:高価でも買う必要がある商品
  • 特徴その2:ブランド力がある商品
  • 特徴その3:流行廃りの激しい商品
  • 特徴その4:現金や通貨に準ずる商品

具体的な特徴とおすすめの商品は下記の記事で紹介するので、チェックしておきましょう。

自分で商品を選びたい方は下記の記事も参考になるぞ。

余裕があったらチェックして欲しい。

注意!Amazonギフト券の現金化はバレる可能性がある

Amazonギフト券は換金率が高く、手軽に購入できます。

しかし、Amazonギフト券の現金化はバレる可能性があるので注意しましょう。

バレるパターンは以下の2パターンです。

  • Amazonにバレるパターン
  • カード会社にバレるパターン

Amazonギフト券はクレジットカード購入可能なので、クレジットカード現金化に利用できます。

2つ目はクレジットカード現金化にAmazonギフト券を利用した場合のみの話ですので、Amazonギフト券をそのまま換金する場合は関係ありません。

共通して注意すべきなのはAmazonにバレるパターンです。

なぜバレるのか考えていきましょう。

Amazonにバレるパターン

Amazonギフト券の換金がAmazonにバレる可能性があります。

まずはAmazon公式サイト上にあった以下の記載をご覧ください。

Amazonギフト券を転売サイトから購入しないでください
(中略)
Amazon.co.jp では、Amazonギフト券細則の規定に基づき、転売もしくは不正に取得された可能性のある Amazon ギフト券のロック(凍結処置)および無効化ならびに関連するアカウントの停止を随時行っております。

そのため、未承認の購入サイトから Amazon ギフト券を購入された場合、お手持ちの Amazon ギフト券が予告なく使用できなくなる場合があります。

当サイトが承認していない購入サイトからのご購入は、お控えいただきますようお願いいたします。

引用Amazon「Amazonギフト券のご購入に関する注意」

このように不正利用に対して制裁を行うということは、不正を監視する仕組みがある可能性を意味しています。

続いて、以下の記載もご覧ください。

Amazonギフト券を転売しないでください
Amazonギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること
(例:買取サイトにAmazonギフト券を売ること)も、Amazonギフト券細則の違反となり、アカウントの停止などの対象となります。

ご自身で購入したギフト券ならびに各種キャンペーンなどを通じて入手したギフト券を転売、換金することは、お控えいただきますようお願いいたします。

ギフト券の買取に関する詐欺の手口については、次の事項もご確認ください。

ギフト券詐欺にご注意ください
不正行為防止とお客様の安全なお買い物のため、ご理解とご協力をお願いします。

引用Amazon「Amazonギフト券のご購入に関する注意」

このように、Amazonギフト券の換金(転売)は不正利用となり、アカウント停止のリスクがあることが分かります。

Amazonギフト券の換金がバレない工夫が必要なのです。

現金化がバレるリスクがほとんどないないのが、先ほどの「換金率の高い商品を利用した現金化」だ。

カード会社にバレるパターン

Amazonギフト券でクレジットカード現金化を行うと、現金化行為がカード会社にバレるリスクがあります。

カード会社は購入履歴の監視を行っており、

  • Amazonギフト券の買い過ぎ
  • 数万円を超える高額なAmazonギフト券の購入

など、クレジットカードでAmazonギフト券を購入する段階でバレてしまいます。

例えば、以下のような項目に当てはまるカード会員は「調査対象」となる可能性が高く、バレるリスクが大きくなります。

  • ショッピング枠を短期間で一気に使用した方
  • キャッシング枠をすべて消費しきってしまった方
  • 返済を遅滞したことがある方
  • 現金化業者を利用した方
  • 短期間に換金率の高いアイテムを大量に購入した方

バレない方法とバレた時の対処方法は下記の記事で詳しく解説していきます。

心配なら、安心のこの業者。カード利用停止になりづらい上に、申込、決済後すぐに入金され、換金率は80%、優良店でやれば安心安全!

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

クラッチ

クラッチの安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてクラッチの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

まとめ

今回はAmazonギフト券を金券ショップで買取してもらう方法について紹介してきました。

しかし、結果的には金券ショップ側の都合でAmazonギフト券が換金できないことが分かりましたね。

Amazonギフト券が換金できるのは「買取サイト」または「換金率の高い商品を利用した現金化」のみです。

この記事でこの2点を押さえてAmazonギフト券換金に備えましょう。

カンキンマン
カンキンマン

Amazonギフト券の現金化バレには要注意だ。

今回紹介した内容を忘れないように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました