Amazonギフト券現金化は違法?逮捕の噂があるけど買取はできるのか

Amazonギフト券で現金化しようとしている方へ、違法や逮捕という噂を聞くと買取・換金しようにも不安で現金化できませんよね。

せっかく現金化できても逮捕されてしまっては身も蓋もありません。

そこで今回は、Amazonギフト券を利用した現金化の違法性について解説していきます。

現金化で逮捕の噂も広がっているので、今回はそちらについても説明します。

この記事でAmazonギフト券での現金化に関する不安や疑問を解消できるので、安心して現金を手に入れましょう。

 

安心して!Amazonギフト券現金化の違法ではない

カンキンレッド
カンキンレッド
率直にいうと、Amazonギフト券の現金化は違法ではないんだ。

Amazonギフト券の現金化で逮捕される心配はないので、まずはご安心ください。

逮捕されているのは「現金化業者」を装い、違法な取引を繰り返す悪質な業者だけとなっています。

ここからはこの現金化の違法性について詳しく解説していきます。

 

Amazonギフト券の現金化は法律違反でない理由

カンキンブルー
カンキンブルー
法律に違反していることは一つもないんだ。

Amazonギフト券の現金化を規制する法律はありません。これは現金化の流れを見ると分かりやすいです。

  • ステップ1:Amazonギフト券の購入
  • ステップ2:買取業者探し
  • ステップ3:Amazonギフト券の買取

この流れの中で違法な行為は一切ありません。

Amazonギフト券の買取に関しても、リサイクルショップで中古品買取を依頼することと同じです。ただ商品を買って売るだけの流れであるため違法性はありません。

問題は、クレジットカード会社の規約です。

 

現金化は利用規約違反?

カンキンレッド
カンキンレッド
カード会社にとっては利益にならない行為だから規制しているんだ。

現金化は規約違反です。

クレジットカードには日常の買い物で利用する「ショッピング枠」と利子付きでお金を借りる「キャッシング枠」の2種類の枠があります。

このうち、キャッシング枠を利用すれば、ATMで簡単に現金を引き出すことが可能です。

しかし、ネット上で紹介されているような現金化方法はすべて「ショッピング枠」を利用して現金を手に入れる方法となっています。

キャッシング枠を利用せずとも、現金が手に入ってしまうのです。

ゆえに、わざわざ利子付きでお金を借りてまで、キャッシング枠を利用する価値がなくなってしまいます。
これではクレジットカード会社は儲けが出ませんので、規約違反と定めているとされています。

 

現金化行為は規約違反行為!規約違反しないために

カンキンブルー
カンキンブルー
実は現金化行為と扱われないAmazonギフト券の現金化方法があるんだ。

ショッピング枠を現金に換える現金化行為が規約違反であることには変わりがありません。

そのような行為がバレることに抵抗感を覚えてしまう方もいるでしょう。

カード会社が規約まで設けて規制しているのは、クレジットカードの現金化を直接行うような行為です。

自分で買った商品を売って換金する行為自体を規制するわけではありません。

その直接的な現金化行為とは例えば、違法な現金化業者を利用して、現金化を行うような行為を指します。
これは明らかに現金化目的でクレジットカードを利用していますよね。

しかし、カード会社から見れば、買った商品を売って現金を作っても、現金化業者を利用しても、現金化行為に違いありません。

そこで、カード会社に誤解されないカードの使い方をマスターする必要があるのです。

ショッピング枠を規約違反とバレずに現金化する方法を押さえて、安全に現金を手に入れましょう。

 

買取業者と現金化業者の違い

カンキンレッド
カンキンレッド
この2つの業者を混同している人が結構多い。Amazonギフト券の買取に利用するのは買取業者だ。

現金化に利用する業者には、買取業者と現金化業者の2種類があります。特に現金化業者は危険ですので、違いはきちんと押さえておきましょう。

買取業者は、「中古品の買取」をメインに行っている業者であり、クレジットカード現金化の際には、自分で買った商品を売って換金するために利用します。

「買取ボブ」「アマプライム」といったAmazonギフト券の買取を積極的に行っている業者のことですね。
リサイクルショップのようなイメージで間違いありません。

 

それに対して、現金化業者はクレジットカード現金化をメインに行っている業者です。

クレジットカードの機能を不正に利用させることで、商品を買い取らせ、その場で売却することで現金化します。

この現金化業者には、悪質な業者も多く、クレジットカードの情報を抜き取られる可能性や詐欺・事件に巻き込まれる可能性も低くありません。

ゆえに、現金化の際は、必ず買取業者を利用するようにしましょう。

 

 

違法業者の逮捕はあるが、現金化自体は合法

カンキンレッド
カンキンレッド
業者が逮捕されているからといって、現金化を諦めないでほしい。

逮捕されている違法業者は、クレジットカード現金化業者です。

利用者やAmazonギフト券の買取業者ではありません。

先ほど、現金化の際に利用する業者は「買取業者」と「現金化業者」の2種類があると紹介しました。

近年、逮捕されているのは、この「現金化業者」の方となっています。

 

2011年にはクレジットカード現金化業を営んでいた男が出資法違反で逮捕されています。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法で事実上のヤミ金融を営んだとして、警視庁生活経済課は5日、東京都台東区の貴金属販売会社「インフィニティ」の元代表(中略)を出資法違反(高金利、脱法行為)の疑いで逮捕した。カードの現金化業者を同法違反で逮捕するのは全国初。

引用元:日本経済新聞「カード現金化、出資法違反容疑で初摘発 警視庁」2011/8/5 

このようにクレジットカードの現金化業者は出資法(正式名称:「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」)違反で逮捕されているのです。

2011年7月以降、同様の現金化業者が次々と検挙されています。

  • 2011年7月:「キャッシュバックス」逮捕
  • 2013年9月:「盟友エンタープライズ」逮捕
  • 2014年10月:「Pmo」逮捕
  • 2016年3月:「ギフトショップ天商」逮捕

このようにクレジットカード現金化を目的とした現金化業者は違法である傾向があるため、利用しないことを強くおすすめします。

また、「現金化業者が逮捕されているから利用者も逮捕されそう」というのは誤解です。

正確には、現金化業者が悪質で違法であり、利用者に罪はありません。

現金化には、合法で安全に取引できる買取業者は利用しましょう。

 

 

逮捕されないAmazonギフト券の現金化はこちら

絶対に逮捕されないAmazonギフト券の現金化方法があります。

前章で「合法で現金化できるなら、現金化したい」「現金化業者を利用しないで現金化なんてできるのか」と思われているでしょう。

そこで、今回は安全にクレジットカードを現金化するための方法を紹介していきます。

飛び込みで現金化業者を利用せずに、まずはクレジットカードをAmazonギフト券を購入しましょう。

 

Amazonギフト券を購入したら、以下のいずれかの買取方法で現金化します。

  • 方法その1:Amazonギフト券を店舗で買取してもらう方法
  • 方法その2:Amazonギフト券を買取サイトで買取してもらう方法

買取方法の悩み・不安・疑問を解消しておけば、スムーズに買取を進めることができますよ。

正しいAmazonギフト券の買取方法を押さえてから、クレジットカードを現金化しましょう。

 

まとめ

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、カード会社にとって迷惑な行為であるため、規約違反となっています。

現金化行為が違法ではない証拠として、逮捕されているのは現金化業者のみでした。
このように、現金化行為を規制する法律はないのです。

また、カード会社の規約違反の対象となるのは、現金化業者の利用するなど、明確に現金化目的で利用した場合となっています。

しかし、現金化目的でのカード利用は線引きが難しく、普段通りカードを利用していても突然カードを止められるほどです。

ゆえに、現金化とバレない方法や正しい現金化方法を押さえて、カードの現金化を進めていくことが大事というわけですね。

最初のコメントをしよう

必須