Amazonギフト券現金化は違法?法律のプロに聞いてみた

Amazonギフト券で現金化しようとしている方へ、違法や逮捕という噂を聞くとAmazonギフト券を買取・換金しようにも不安で現金化できませんよね

せっかく現金化できても逮捕されてしまっては身も蓋もない…。

そこで今回は、Amazonギフト券を利用した現金化の違法性について解説していきます。

現金化で逮捕の噂も広がっているので、今回は法律の専門家に協力してもらい、そちらについても説明します。

カンキンマン
カンキンマン

この記事でAmazonギフト券での現金化に関する不安や疑問を解消できるので、安心して現金を手に入れましょう。

安心して!Amazonギフト券現金化の違法ではない

カンキンブルー
カンキンブルー

率直にいうと、Amazonギフト券の現金化は違法ではないんだ。

Amazonギフト券の現金化で逮捕される心配はないので、まずはご安心ください。

逮捕されているのは「現金化業者」を装い、違法な取引を繰り返す悪質な業者だけとなっています

ここからはこの現金化の違法性について詳しく解説していきます。

Amazonギフト券の現金化は「違法」でない?

カンキンレッド
カンキンレッド

法律に違反していることは一つもないんだ。

Amazonギフト券の現金化を規制する法律はありません。これは現金化の流れを見ると分かりやすいです。

  • ステップ1:Amazonギフト券の購入
  • ステップ2:電子ギフト券買取サイト探し
  • ステップ3:Amazonギフト券の買取

この流れの中で違法な行為はありませんよね?

Amazonギフト券の買取に関しても、リサイクルショップで中古品買取を依頼することと同じです。ただ商品を買って売るだけの流れであるため違法性はありません。

ただ、問題はAmazonの規約です。

カンキンレッド
カンキンレッド

Amazonの規約を心配するぐらいなら、Amazonギフト券を利用しないクレジットカード現金化業者を使えばいいゾ!

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

クラッチ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。
クラッチなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

Amazonギフト券の現金化は違法ではなく「利用規約違反」

Amazonギフト券の現金化は法律に違反しているわけではありませんが、Amazonの規約に違反しています。以下をご確認ください。

スクリーンショット出典:Amazonギフト券細則

このように、AmazonではAmazonギフト券を勝手に現金化(換金)することを認めていません。

スクリーンショット出典:Amazonギフト券細則

利用規約違反に対してAmazonはAmazonギフト券の残高失効といった制裁措置を講じるようです

またAmazonはAmazonギフト券の残高使用状況を取得できるとされています。不自然な使用状況であれば当然ながら残高の使用はロックされるでしょう。

ただし、実際問題その不自然な使用状況を検知するのは大変難しいと考えます。

たとえばAさんがAmazonギフト券を電子ギフト券買取サイトで売ったとしましょう。その後、AさんのAmazonギフト券が買取サイト・再販売サイトを通して別人のBさんが中古で購入したとします。

AmazonからはAさんに販売したAmazonギフト券が、別人のBさんが使用している、という風に見えます。

ですが、この見え方はAmazonギフト券の用途上何の問題もなく、Amazonは「AさんがBさんにAmazonギフト券をあげた」と考えるでしょう。

つまり、Amazonギフト券を買取サイトで売ったところで絶対にAmazonギフト券の残高がロックされる、ということはあり得ません。ご安心ください。

違法?Amazonギフト券を現金化できる「電子ギフト券買取サイト」と「クレジットカード現金化業者」の違い

よく「現金化業者=違法」みたいな話を掲示板で目にしませんか?現金化業者といっても「電子ギフト券買取サイトを現金化業者と混同しているパターン」もあるので注意です。

Amazonギフト券を現金化できる電子ギフト券買取サイトは「中古の電子ギフト券の買取」をメインに行っている業者であり、特にクレジットカード現金化の際には、自分で買ったAmazonギフト券を売って換金するために利用します。

「買取ボブ」「買取EX」といったAmazonギフト券の買取を積極的に行っている業者のことだね。リサイクルショップのようなイメージで間違いありません。

それに対して、現金化業者はクレジットカード現金化をメインに行っている業者です。

クレジットカードの機能を利用させることで、商品を買い取らせ、その場で売却することで現金化します。

この現金化業者には、悪質な業者も多く、クレジットカードの情報を抜き取られる可能性や詐欺・事件に巻き込まれる可能性も低くありません。

違法か否かが気になるなら、クレジットカード現金化の際は、クレジットカードで買ったAmazonギフト券Eメールタイプのデジタルコードを、電子ギフト券買取サイトで換金するのが無難かもしれませんね。

現金化業者の逮捕はあるが、Amazon現金化は違法ではない【専門家に聞いた】

カンキンブルー
カンキンブルー

業者が逮捕されているからといって、現金化を諦めないでほしい。

法律の専門家によると、利用者(現金化する側)やAmazonギフト券の買取サイトは違法行為を行っていません。

先ほど、現金化の際に利用する業者は「電子ギフト券買取サイト」と「クレジットカード現金化業者」の2種類があると紹介しました。

近年、逮捕されているのは、後者の「クレジットカード現金化業者」の方となっています

2011年にはクレジットカード現金化業を営んでいた男が出資法違反で逮捕されています。

スクリーンショット出典:日本経済新聞「カード現金化、出資法違反容疑で初摘発 警視庁」2011/8/5

このようにクレジットカードの現金化業者は出資法(正式名称:「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」)違反で逮捕されているのです。

2011年7月以降、同様の現金化業者が次々と検挙されています。

  • 2011年7月:「キャッシュバックス」逮捕
  • 2013年9月:「盟友エンタープライズ」逮捕
  • 2014年10月:「Pmo」逮捕
  • 2016年3月:「ギフトショップ天商」逮捕

このようにクレジットカード現金化を目的とした現金化業者は違法である傾向があります。

ただし「現金化業者が逮捕されているから利用者も逮捕されそう」というのは誤解です。

現金化業者が悪質で違法であり、利用者に罪はありません。現金化には、合法で安全に取引できる買取業者は利用しましょう。

カンキンブルー
カンキンブルー

クレジットカード現金化サービスは優良店を使えば現金が足りない時の窮地の策になる!

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

クラッチ

クラッチの安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてクラッチの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

違法ではないAmazonギフト券の現金化はこちら

絶対に違法ではないAmazonギフト券の現金化方法がある。

前章で「合法で現金化できるなら、現金化したい」「現金化業者を利用しないで現金化なんてできるのか」と思われているでしょう。

そこでここからは違法といった法的なリスクを気にせずにクレジットカードを現金化するための方法を紹介していきます。

飛び込みで現金化業者を利用せずに、まずはクレジットカードをAmazonギフト券を購入しましょう。Amazonギフト券を購入したら、以下のステップで現金化します。

  • ステップ①:Amazonにログインし、トップページ上部から「ギフト券」「Eメールタイプ」と進み、Amazonギフト券Eメールタイプをクレジットカードで購入する
  • ステップ②:指定したEメールアドレス宛にデジタルコードが届くので買取ボブ(安定の老舗買取サイト)に買取依頼する

買取ボブのような電子ギフト券買取サイトを初めて利用しますか?買取方法の悩み・不安・疑問を解消しておけば、スムーズに買取を進めることができますよ。

以下メディアで買取ボブの使い方を押さえてから、クレジットカードを現金化しましょう。

まとめ

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、カード会社にとって迷惑な行為であるため、規約違反となっています。

現金化行為が違法ではない証拠として、逮捕されているのは現金化業者のみでした。
このように、現金化行為を規制する法律はないのです。

また、カード会社の規約違反の対象となるのは、現金化業者の利用するなど、明確に現金化目的で利用した場合となっています。

しかし、現金化目的でのカード利用は線引きが難しく、普段通りカードを利用していても突然カードを止められるほどです。

ゆえに、現金化とバレない方法や正しい現金化方法を押さえて、カードの現金化を進めていくことが大事というわけですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました