【vプリカ】「amazonギフト券」を買う方法【専門家】

vプリカでamazonギフト券を購入すれば、余ったvプリカ残高を使い切れたり、有効期限が延びたり(vプリカ1年→amazonギフト券10年)、3ヵ月以上放置した際の休眠カード維持費(毎月税込125円)を回避できます

vプリカでAmazonギフト券を購入することでお得になることも多い

amazonギフト券には実際に以下のようなレビューもありました。

スクリーンショット出典:amazonカスタマーレビュー「Vプリカの残高消化に」

実際にvプリカでamazonギフト券を購入される方は一定数います。上記のレビューから分かるように、知る人ぞ知る「vプリカの残高消化方法」となっているようです。

vプリカの残高をamazonギフト券の残高に移し替えておきたいところだな!

そこで今回はこのvプリカでのamazonギフト券の購入方法を詳しく解説していきたいと思います。

vプリカでamazonギフト券を購入する方法と手順

vプリカでamazonギフト券を購入する方法(手順)は以下の通りです。

vプリカでamazonギフト券を購入(残高移し替え)する方法
  • STEP1
    amazonギフト券“eメールタイプ”を購入
    vプリカで購入するのは、指定したeメール宛にデジタルコードのみが発行されるAmazonギフト券eメールタイプ。PRAmazon
  • STEP2
    vプリカの「残高」とeメールアドレスを記入
    amazonギフト券eメールタイプは額面の金額を15円から50万円まで1円単位で指定できるので、vプリカの残高を記入。eメールも指定。
  • STEP3
    vプリカを支払い方法として登録する
    vプリカを「カードを追加」からクレジットカードとして登録。
  • STEP4
    指定したeメールアドレス宛にamazonギフト券が届く
    後は指定したeメールアドレス宛にamazonギフト券が届くのを待つだけ。これでvプリカ残高のamazonギフト券への移し替えは完了。

vプリカの使い方が分からない方でも移し替えの仕方が分かるように解説していきます。

STEP1:amazonギフト券“eメールタイプ”を購入

スクリーンショット出典:amazonより

amazonギフト券は様々な券種がありますが、vプリカで購入できる「amazonギフト券」は決まっています

必然的に移し替えに利用できるamazonギフト券の券種も少なくなるというわけです。

vプリカはamazon上ではクレジットカード同様の扱いであり、現金購入が基本であるamazonギフト券はvプリカで購入できる券種が限られるゾ。

それがamazonギフト券eメールタイプというわけだね。
後はamazonのアカウントに直接チャージするamazonギフト券“チャージタイプ”もvプリカ(カード決済)購入可能だよ。

amazonギフト券eメールタイプの方がデジタルコードを誰かにあげたり、業者で買取したりできて都合が良いのでeメールタイプをおすすめするゾ

STEP2:vプリカの「残高」とeメールアドレスを記入

スクリーンショット出典:amazonより

amazonギフト券eメールタイプ(またはチャージタイプ)は額面を15円から50万円まで1円単位で指定できます。

そのため、ここにvプリカの残高を記入すれば、amazonギフト券をvプリカ購入後、発行された時にそのまま残高を移し替えることが可能なのです。

後はamazonギフト券を受け取りたいメールアドレスを記入しましょう。いつも利用しているメールアドレスで構いません。

STEP3:vプリカを支払い方法として登録する

決済画面に移ったらvプリカを決済方法として登録しましょう。「カードを追加」からクレジットカードを追加する要領で、vプリカを支払い方法として登録していきます。

  • カード番号:vプリカに表示されているカード番号
  • 名義人:vプリカ会員登録時に登録されたニックネーム
  • 有効期限:vプリカの有効期限

すべてvプリカの「Myページ」にログインすれば確認できます。

STEP4:指定したeメールアドレス宛にamazonギフト券が届く

後は指定したeメールアドレス宛にamazonギフト券のデジタルコードが発行されます。

このコードはコンビニなどで買える「カードタイプ」同様に、amazon上でコードを入力すればamazonのアカウントに残高が追加されます。

これにてvプリカからのamazonギフト券への残高移し替えは完了だよ!

もしここで指定したeメールアドレス宛にamazonギフト券が届いていない場合は以下の記事を参考にして欲しい。

vプリカでamazonギフト券チャージタイプを購入する方法

チャージタイプはAmazonのアカウントに直接チャージできるタイプのAmazonギフト券で、購入時にチャージ分を購入代金から差し引くことができます。

STEP1:Amazonギフト券「チャージタイプ 」を選択

Amazon公式サイトトップページ上部のギフト券からAmazonギフト券の販売ページに移動し、Amazonギフト券チャージタイプを選択します。

STEP2:チャージ金額はvプリカの「残高」

「金額」からチャージ金額を記入しましょう。vプリカの残高を記入します。

STEP3:vプリカを決済方法として登録

「カードを追加」からvプリカを決済方法として登録しましょう。

STEP4:購入完了でアカウントに残高チャージ

購入が確定したらvプリカの残高がアカウントにチャージされます。

vプリカでamazonギフト券を購入する際の注意点

vプリカを購入する際には以下の点に注意しましょう。

注意点1:vプリカはクレジットカード同様の扱いなので事前にamazonに登録しておく

vプリカは事前に残高を追加する「プリペイドカード」であり、クレジットカードと同様の扱いとなります。そのため、以下の手順でamazonに登録しておきましょう。

vプリカを決済方法としてamazonに登録しておく
  • STEP1
    vプリカのカード情報を確認する
    カード情報確認画面から利用規約への同意とチェックボックスへのチェックを入れ「次へ」を押し、「認証番号」と「カード番号下4桁」を記入する。ここでカード情報を確認、カード番号と有効期限、セキュリティコード、名義人を確認しておく。
  • STEP2
    amazonで決済方法を追加
    amazonで「お客様の支払い方法」を開き、「クレジットまたはデビットカードを追加」から支払い方法(vプリカ)を追加する。さきほどvプリカのカード情報確認画面で確認した情報を記入していく。

このようにしてamazon上にvプリカを支払い手段として登録しておく必要があるので注意しましょう。

注意点2:残高不足に注意!vプリカの残高を把握しておく

vプリカからamazonギフト券への残高移し替えのためにはvプリカの残高を確認する必要がありますよね。vプリカのマイページにログインし、vプリカの残高がいくらなのか確認しておきましょう。

注意点3:当然だが、amazonギフト券はamazonでのみ使える

この記事で紹介した方法はvプリカ残高の移し替えの手段として活用できますが、当然ながらamazonギフト券はamazon上でしか利用できません

「vプリカの残高をamazon以外でも利用したい」「有効期限や手数料の支払いに縛られたくない」という場合は、次章で紹介するようにvプリカの残高を換金するほかありません。

注意点4:amazonギフト券eメールタイプの購入には“15円以上”が必要

vプリカで購入できるamazonギフト券eメールタイプですが、額面指定は15円からとなっています。ゆえに、vプリカの残高が15円以上でなければamazonギフト券の購入ができません

既にアカウントにチャージされているamazonギフト券やamazonポイントを併用することで15円以上の額面で購入できる場合は別ですが、vプリカの残高が15円以下である場合は基本的に諦めてください。

注意点5:チャージタイプも買えるが換金(後述)はできない

vプリカの残高を利用すれば、amazonのアカウントに直接残高をチャージする「amazonギフト券チャージタイプ」も購入できます。

しかし、直接アカウントにチャージしてしまうので、amazon上で利用できても換金はできません。ご注意ください。

注意点6:amazonでvプリカが承認されない?

amazonではクレジットカードの名義人がアカウントの名義人と一致しない場合、支払い方法として「承認」されない場合があるようです。

承認されるよりも先にamazonギフト券を購入できる場合もある様子(承認されなくても無理矢理購入できる)。実際に試してみるほかないね。

vプリカの名義は後から変更することができません。必ず自分の名前で登録しておくようにしましょう。

注意点7:店頭販売のAmazonギフト券をvプリカでは購入できない

コンビニやドラッグストア等で販売されているAmazonギフト券(POSAカードタイプ)ですが、こちらはvプリカでは購入できません。

こうした店頭販売の電子ギフト券は元から薄利であり、vプリカのようなカードを切られてしまうと店側が負担する決済端末の決済手数料でさらに利益が相殺されてしまいます

そのため、店頭で販売されているAmazonギフト券はvプリカでは購入できないと考えられます。

注意点8:vプリカに有効期限あり!急ぎましょう

vプリカには1年の発行日から1年で、残高が無効化されてしまいます。

amazonギフト券に変えるなら先回しにせず今すぐ変えてしまいましょう

この記事を見ながらvプリカでamazonギフト券を購入してしまいましょう。

なお、amazonギフト券には有効期限がありません。残高の延命という意味でも重要です。

注意点9:Amazonギフト券でVプリカを購入する事はできない

反対にAmazonギフト券でvプリカを購入することはできません。一度vプリカの残高をamazonギフト券に変えてしまうともう元には戻せないということです。注意しましょう。

vプリカ購入のamazonギフト券を“買取”で「現金」に換えることもできる

vプリカで購入したamazonギフト券ですが、「ギフト券専門買取サイト」などを利用して買取依頼・換金してもらうことで現金に換えることも可能です。

vプリカ→amazon→ギフト券買取サイトの順番でvプリカの残高を現金に換えることもできる。普段から現金不足気味の方は覚えておいて損はないだろう

vプリカでamazonギフト券を購入してもamazonで使う宛がなさそうな人も「換金」がおすすめだよ!

 

現金が足りない方はこちら!クレジットカードの不要なショッピング利用枠を換金して現金を工面しよう!

現金化堂(クレカ○、アプリ✕)

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

クラッチ(クレカ○、アプリ✕)

クラッチの安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてクラッチの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

クラッチ(クレカ✕、アプリ○)

クラッチ安心感は、80%の固定換金率制度。
その安心感はそのまま、後払いアプリ専用サイトができました!
もちろん、換金率は入金ベースで80%!
申し込めばスムーズに80%を送金してくれます。
後払いアプリのサービスもメジャーになってきましたのでありがたいサイトですね^^

まとめ

vプリカの残高をamazonギフト券の残高に移し替える(amazonギフト券を購入する)手順は以下の通りでしたね。

  • STEP1:amazonギフト券“eメールタイプ”を購入
  • STEP2:vプリカの「残高」をフォームに記入
  • STEP3:eメールアドレスをフォームに記入
  • STEP4:指定したeメールアドレス宛にamazonギフト券が届く

詳しい手順はこの記事で紹介した通りです。ぜひ参考にしていただき、余分なvプリカ残高を有効活用していただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました