【ドコモ】「Amazonギフト券」を購入する裏技【必見】

結論から言えば、ドコモの携帯決済「ドコモ払い(d払い)」ではamazonギフト券を購入することはできません。ですが知る人ぞ知るドコモ払いで購入する裏技なら存在します。

今回は通常ドコモ払いで購入できないamazonギフト券をドコモ払いで購入する方法について解説していくゾ!

  1. 【まず確認】ドコモでamazonギフト券を購入する方法2つ【基本】
  2. 方法1:ドコモ払い・バンドルカード経由でAmazonギフト券を購入する方法
    1. 【基本】「バンドルカード」とは?バンドルカードでamazonギフト券を購入するメリット・デメリット
    2. バンドルカードでamazonギフト券を購入する手順
      1. ステップ①:バンドルカードアプリを開き、「チャージ」をタップ
      2. ステップ②:dアカウントの認証とチャージ確定
      3. ステップ③:Amazonギフト券の購入
    3. バンドルカードで現金化する際の注意点
      1. 注意点その①:バーチャルの方だけ作る
      2. 注意点その②:セキュリティコードはアプリで確認できる
      3. 注意点その③:ドコモ払い・バンドルカード・Amazonギフト券の上限額に注意する
      4. 注意点その④:突然ドコモ払い非対応になる可能性がある
  3. 方法2:ドコモ払い・dカードプリペイド経由でAmazonギフト券を購入する方法
    1. 【基本】「dカードプリペイド」とは?バンドルカードでamazonギフト券を購入するメリット・デメリット
    2. dカードプリペイドでamazonギフト券を購入する手順
      1. ステップ①:まずはdカードプリペイドにチャージ
      2. ステップ②:dカードプリペイドでAmazonギフト券を購入
    3. dカードプリペイドで現金化する際の注意点
    4. 注意点その①:発行に時間がかかる
    5. 注意点その②:dカードプリペイド・Amazonギフト券の上限額に注意
  4. 【さらに】ドコモで購入したamazonギフト券を換金すれば現金不足解消に!
  5. まとめ:結局どっちがいい?

【まず確認】ドコモでamazonギフト券を購入する方法2つ【基本】

ドコモ端末をお持ちの方がドコモ払い(d払い)でamazonギフト券を購入する方法は大きく分けて2つです。

  • 方法①バンドルカード経由でamazonギフト券を購入
  • 方法②dカードプリペイド経由でamazonギフト券を購入

このようにドコモの携帯決済からプリペイドカードを経由することでamazonギフト券が購入できます。

2つの方法に大きな差異はないが、①バンドルカードの方が発行までの時間が早いのですぐにドコモ払いでamazonギフト券を購入したい方におすすめだ。

だが公式な方法で確実なのは②dカードプリペイドカードだろう。

また「ドコモ払いで直接amazonギフト券が買えないの?」という声もあるけど、ドコモ払いのような携帯決済ではamazonギフト券を購入できないよ。

携帯決済を利用できない商品

以下に関するお支払いでは、携帯決済をご利用いただけません。

  • Amazon.co.jp ギフト券

引用元:amazonカスタマーサービス「携帯決済を利用できない理由」

携帯決済はamazonギフト券購入時に利用できないことが明記されています。その代替手段としての「プリペイドカード」です。

プリペイドカードであればamazonギフト券(eメールタイプ)が買える「クレジットカード」と同等に扱われる。

プリペイドカードにドコモ払いで残高チャージ、そのプリペイドカードでamazonギフト券(eメールタイプ)を購入するという流れならドコモ払いでもamazonギフト券を購入できるね!

方法1:ドコモ払い・バンドルカード経由でAmazonギフト券を購入する方法

出典:https://vandle.jp/

ドコモ払いでチャージできるバンドルカードを利用して、Amazonギフト券を購入する方法を紹介していきます。

【基本】「バンドルカード」とは?バンドルカードでamazonギフト券を購入するメリット・デメリット

バンドルカードとはVisaブランドのプリペイドカードの一種で、アプリから利用できる「バーチャルカード」形式のプリペイドカードとなっています。

購入のステップはネット完結で進めた方が効率的ですので、アプリを持っていない方はアプリをダウンロードし、この機にバンドルカード(バーチャルカード)を作成してましょう。

バンドルカードの作り方
  • STEP1
    アプリダウンロード
    App Store/Google Playから「バンドルカード」アプリダウンロード
  • STEP2
    アカウント登録
    バンドルカードアプリ内でアカウントを作成(5分程度)
  • STEP3
    利用可能
    即時にバーチャルカードが発行され、利用可能となる
カンキンブルー
カンキンブルー

バンドルカードは本当にすぐ作れるカードなんだ!今作っておこう!

バンドルカードはアプリ型のプリペイドカードで即日発行できてすぐに利用できるメリットが大きく、手っ取り早くamazonギフト券が欲しい場合におすすめです。

ただし、後述の「dカードプリペイド」と比べると、バンドルカードは公式的な方法ではありません。バンドルカード上のチャージ手段としてのドコモ払いも予告なしで非対応になる可能性もあります

この点はバンドルカードを利用する際のデメリットですが、現状で無事にamazonギフト券を購入できているので特に問題視する必要はないと思います

また、ドコモ払いを利用してバンドルカードにチャージすると以下の手数料がかかります。

金額手数料
4,000円以下1度につき300円
5,000円以上1度につき金額の6.15%
(小数点以下四捨五入)

dカードプリペイドの場合はチャージに手数料がかかりません。バンドルカードを利用してamazonギフト券を購入する際のデメリットと言えるでしょう。

バンドルカードでamazonギフト券を購入する手順

ドコモ払いでバンドルカードチャージ、Amazonギフト券購入で購入していきましょう。

まずは以下の方法でチャージしていきます。

ステップ①:バンドルカードアプリを開き、「チャージ」をタップ

バンドルカードで「チャージ」からドコモ払いを選択しましょう。

出典:バンドルカードアプリ

指示に沿って進めて、チャージしたい金額を記入し「チャージする」をタップします。

ステップ②:dアカウントの認証とチャージ確定

ここからはドコモ側の手続きとなります。

dアカウントのログインが要求されるのでログインし、SMSで送付されたセキュリティコードを入力、あとは金額の確認画面が出るので、ネットワーク暗証番号(spモードパスワード)4桁を入力しましょう。

出典:バンドルカードアプリ

後は「承諾して購入する」をタップしましょう。しばらくするとドコモ払いでチャージした残高がバンドルカードアカウントに反映されます。

ステップ③:Amazonギフト券の購入

チャージが完了したら、AmazonでAmazonギフト券を購入します。

バンドルカードでAmazonギフト券eメールタイプを購入する手順
  • STEP1
    Amazon上の購入ページを開く
    Amazon公式サイト上のeメールタイプ購入ページを開く。またはAmazonを開き、上部の「ギフト券」から「eメールタイプ」を選択するとeメールタイプの商品一覧が表示されるので好きなものを選択(一覧に並ぶeメールタイプはデザインが異なるだけで同一商品)PRAmazon

  • STEP2
    金額を「入力」
    Amazonギフト券eメールタイプは額面の金額を任意で指定できる(15円~500,000円)ので必要な金額を入力
  • STEP3
    宛先eメールアドレス(宛先人)の指定
    必須項目なのでこちらも記入。自分用に購入するのであれば自分のメールアドレス、誰かにプレゼントするならその方のメールアドレスを記入
  • STEP4
    購入手続き
    「今すぐ購入」または「カートに入れる」からいつも通りの購入手続きを行う。オプションからバンドルカードを支払い用クレジットカードとして追加、あとは確認画面で指定した額面や決済額に誤りがないか確認し、カード決済購入
  • STEP5
    メールを確認
    メールを確認するとAmazonから残高追加用の「デジタルコード」が発行されているのでコピペして利用

Amazonを日頃から利用している方であれば、それほど難しい操作はありません。新規でクレジットカードを追加する要領でバンドルカードを登録するだけとなります。

また、Amazonギフト券Eメールタイプはバンドルカード(ドコモ払い)で購入できる唯一のAmazonギフト券です。

バンドルカードで現金化する際の注意点

ドコモ払いでチャージできるバンドルカードを利用して、Amazonギフト券を現金化する方法の注意点は以下の通りです。

  • 注意点その①:バーチャルの方だけ作る
  • 注意点その②:セキュリティコードはアプリで確認できる
  • 注意点その③:ドコモ払い・バンドルカード・Amazonギフト券の上限額に注意する
  • 注意点その④:ドコモ払い非対応になる可能性がある

それぞれの注意点について、理解していきましょう。

注意点その①:バーチャルの方だけ作る

バーチャルタイプはネット上での決済に特化しているだけではなく、発行までの時間が短いです。

リアルタイプ、リアル+(プラス)を選択すると、実物のカードが発行されるまで待たなければいけません。

スムーズにドコモ払いでamazonギフト券を購入するためにも、バーチャルタイプでバンドルカードを作成しましょう。

注意点その②:セキュリティコードはアプリで確認できる

バンドルカードはクレジットカードのように利用できます。

セキュリティコードだけではなく、カード番号・有効期限を忘れた場合も「アプリ」からすぐに確認できますので心配はありません。

注意点その③:ドコモ払い・バンドルカード・Amazonギフト券の上限額に注意する

ドコモ払いの利用可能上限額は毎月100,000円、バンドルカードのチャージの上限も100,000円、Amazonギフト券の設定上限額は500,000円です。

つまり、一度にドコモ払いで購入できるamazonギフト券の金額は10万円が限界となります注意しましょう。

注意点その④:突然ドコモ払い非対応になる可能性がある

2018年4月16日に突然バンドルカードがドコモ払い非対応になったことがあります。このとき、再度ドコモ払いに対応したのは2018年9月3日でした。

このように予告なしでバンドルカードがドコモ払いが非対応になる可能性もあるので注意しましょう

過去に非対応となったときはバンドルカードの「ポチッとチャージ」と呼ばれる機能で現金化方法の代替できました。

次回非対応になったときにも、この「ポチッとチャージ機能」を使って現金化しましょう。

方法2:ドコモ払い・dカードプリペイド経由でAmazonギフト券を購入する方法

出典:https://d-card.jp/prepaid/

今度はドコモ払いでチャージできる公式のdカードプリペイドを利用して、Amazonギフト券を購入する方法を紹介していきます。

【基本】「dカードプリペイド」とは?バンドルカードでamazonギフト券を購入するメリット・デメリット

dカードプリペイドカードはドコモが提供する事前にチャージして利用するカードです。

このdカードプリペイドはMASTER CARDが付帯しているため、MASTER CARD加盟店で使えます。Amazonはその加盟店ですので、dカードプリペイドでAmazonギフト券が購入できます。

dカードプリペイドでamazonギフト券を購入するメリットはバンドルカードのような“不安定”な購入方法ではない点です。

バンドルカードではドコモ払いが突然支払い手段から外される恐れがありましたが、dカードプリペイドであれば公式が発行しているものなので「ドコモ払いが使えなくなる」といった事態はあり得ないでしょう。

また、バンドルカードのようにチャージの際に手数料もかかりません。手数料が気になるならdカードプリペイドでamazonギフト券を購入しましょう。

ただし、バンドルカードと違って実物のカードが発行されていないと利用できず、発行には約1週間~10日後かかるので、公式ページから早めに「入会」しておきましょう。

dカードプリペイドのデメリットだな。

発行手続き自体はすぐに終わるよ!氏名、生年月日、性別、住所、メールアドレス取引目的、暗証番号等を記入して確定するだけ!

dカードプリペイドでamazonギフト券を購入する手順

ドコモのdカードプリペイドに電話料金合算払いでチャージ→Amazonギフト券購入の流れとなります。

ステップ①:まずはdカードプリペイドにチャージ

スマホまたはパソコンからdカードプリペイドのマイページにアクセス・ログインします。

あとは「チャージ」からチャージ金額を入力、料金の支払い方法を契約中のドコモ回線利用料金との合算で払う「電話料金合算払い」に設定しましょう。この際、ドコモへのログインが必要になります。

後は入力内容を確認し、案内通りに必要事項を記入すればチャージ可能です。手数料もかかりません。チャージできたら、Amazonギフト券を購入しましょう。

ステップ②:dカードプリペイドでAmazonギフト券を購入

dカードプリペイドが届いたら、以下の方法でAmazonギフト券を購入します。

dカードプリペイドでAmazonギフト券eメールタイプを購入する手順
  • STEP1
    Amazon上の購入ページを開く
  • STEP2
    金額を「入力」
    Amazonギフト券eメールタイプは額面の金額を任意で指定できる(15円~500,000円)ので必要な金額を入力
  • STEP3
    宛先eメールアドレス(宛先人)の指定
    必須項目なのでこちらも記入。自分用に購入するのであれば自分のメールアドレス、誰かにプレゼントするならその方のメールアドレスを記入
  • STEP4
    購入手続き
    「今すぐ購入」または「カートに入れる」から購入手続き。オプションからdカードプリペイドを支払い用クレジットカードとして追加。指定した額面や決済額を確認し、カード決済購入
  • STEP5
    メールを確認
    メールを確認するとAmazonから残高追加用の「デジタルコード」が発行。

こうしてdカードプリペイドでAmazonギフト券を購入できました。

dカードプリペイドで現金化する際の注意点

dカードプリペイドで現金化する際は以下の点に注意しましょう。

  • 注意点その①:発行に時間がかかる
  • 注意点その②:ドコモ払い・dカードプリペイド・Amazonギフト券の上限額と換金率に注意する

上記2点について詳しく見ていきます。

注意点その①:発行に時間がかかる

バンドルカードが即日発行できることに対して、dカードプリペイドの発行には時間がかかり、発行されてから簡易書留で手元に届くまでは、申込日から7~10日かかるとされます。

早くamazonギフト券を購入したいのであればバンドルカードの利用をお勧めします。

注意点その②:dカードプリペイド・Amazonギフト券の上限額に注意

dカードプリペイドのチャージ上限は1日につき300,000円(=カードの残高上限)となっています。

Amazonギフト券の設定上限額は500,000円です。

つまり、一度にドコモのdカードプリペイドで購入できるamazonギフト券の金額は毎月300,000円(当月でドコモ払い未使用の場合)となります。

バンドルカードよりも上限は高いです。

【さらに】ドコモで購入したamazonギフト券を換金すれば現金不足解消に!

ここまでamazonギフト券を購入する方法をお伝えしてきましたが、バンドルカードのドコモ払いやdカードプリペイドの電話料金合算払いで購入したamazonギフト券をそのまま換金すれば現金不足を解消できます。

請求は翌月のスマホの使用料に含まれる。「今月現金がピンチ」という時に、ドコモの使用料で購入したamazonギフト券を換金できれば、現金不足をしのぐことができるゾ!

Amazonギフト券を換金するためには、ネット上でギフト券を換金できる「ギフト券専門買取サイト」を利用します。「買取ボブ」等が有名ですね。ネットから利用できるので便利です。

カンキンレッド
カンキンレッド

面倒に感じるなら、クレジットカード現金化業者を利用しよう。スマホで手間なく、すぐ入金してくれて、決済額の80%なら悪くない!

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

クラッチ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。
クラッチなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

まとめ:結局どっちがいい?

バンドルカードは即日発行できてすぐに利用できるメリットが大きく、手っ取り早くamazonギフト券が欲しい場合におすすめですが、予告なしでドコモ払い非対応になる可能性やチャージ手数料はデメリットです。

また、dカードプリペイドはチャージに手数料はかからず「ドコモ払いが使えなくなる」事態はあり得ません。その代わりに発行までの時間がかかるデメリットがあります。

どちらも一長一短ですが、一度発行してしまえば定期的に何度でも購入できるdカードプリペイドでamazonギフトを購入する方をおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました