クレジットカード現金化、業者を使う方法と使わない方法(自力)まとめ

今回はクレジットカード現金化の方法について紹介していきます。

  • 今手元にお金がないからお金が欲しい
  • 今月現金がやばい
  • 現金が足りてないから、クレジットカードの現金化に挑戦してみたい

という方に向けて、クレジットカードの現金化に関するすべての攻略情報、裏技とノウハウを提供していきます

現金化初心者が「そこが知りたかった!」と気になる部分も押さえてありますので、迷わずに読み進めていただければと思います。

また、現金化に慣れている方は、様々な現金化方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてよりフィットした現金化方法を見つけてみてくださいね。

カンキンブルー
カンキンブルー

読んだ時間は無駄にさせないよ!
僕らが優しくそして詳しくサポートしていくから心配しないで!

それではクレジットカードの現金化方法について解説していきます。

  1. クレジットカード現金化とは
  2. “業者”を利用してクレジットカードを現金化する方法
    1. 業者を利用する方法のメリット・デメリット
      1. メリット1:現金化の流れがテンポよく進み、即日換金も可能
      2. メリット2:カードを止められにくい
      3. デメリット1:手数料が高く、換金率が80%以下と低め
      4. デメリット2:トラブルに巻き込まれる恐れがある
    2. 業者を利用する場合の具体的な流れ
    3. 業者を利用する際の注意点
      1. 注意点1:換金率は参考にしない
      2. 注意点2:とにかく「選び方の問題」業者の第一印象はあてにしない
      3. 注意点3:参考にすべきは利用者のレビューでなるべく悪いレビューを見る
  3. 業者を使わない!クレジットカード現金化を自力で行う方法
    1. 自力で行う現金化方法のメリット・デメリット
      1. メリット1:換金率が高い
      2. メリット2:セルフでお得な方法を選べる
      3. メリット3:現金化業者を利用するよりも安心して利用できる
      4. デメリット1:カード購入できない商品もある
      5. デメリット2:手間と時間がかかる
      6. デメリット3:換金率が流動的
      7. デメリット4:カード会社に目を付けられる恐れがある
    2. 自力で現金化する具体的な方法と流れ【要チェック】
      1. ビール券、図書カード、クオカードなどの「商品券」を購入・換金
      2. Amazonで「換金率が高い商品」を購入・換金
      3. 「新幹線回数券」を購入・換金
      4. 少額を現金化したい!Amazonギフト券の金額を自由設定で購入
  4. クレジットカード現金化の不安を解消!違法性について
  5. カード会社に疑われる?疑われない方法と言い訳
  6. まとめ

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠をあらゆる方法で現金に換える方法です。

カンキンブルー
カンキンブルー

クレジットカードには2つの枠がある。「ショッピング枠」と「キャッシング枠」だ。

カンキンレッド
カンキンレッド

「ショッピング枠」とは、日常的にお買い物で利用できる枠(限度額)のことだよ。20~50万円といったケースが多いね。

カンキンブルー
カンキンブルー

「キャッシング枠」とは、手元に現金がない時に利子付きで現金を引き出せる機能の枠(限度額)となっている。~20万円とショッピング枠と比べて少額である傾向がある。

 

本来であれば、このキャッシング枠を利用して現金を引き出す

カンキンレッド
カンキンレッド

でも、キャッシング枠の限度額は低いので、借りることができる現金はそんなに多くないんだ。
だからこそ、限度額が高いショッピング枠の現金化が求められるというワケだね

 

ゆえに、クレジットカード現金化は、キャッシング枠を利用せずとも、ショッピング枠で現金を引き出せてしまう方法となります。

つまり、これからみなさんがすることは、「ショッピング枠の現金化」です。

様々な方法を紹介しますので、自分に合った方法を見つけましょう。

カンキンブルー
カンキンブルー

カード会社の利用規約ではこのような「現金化行為」を禁止しているケースが多いんだ。
バレてしまうとカードを止められてしまうので注意が必要だよ。

“業者”を利用してクレジットカードを現金化する方法

この方法は、「クレジットカード現金化業者」と呼ばれる業者に依頼して、クレジットカードのショッピング枠を現金化してもらう方法です。

すべての手続きがオンラインで完結する業者や繁華街に店舗を構える業者が存在します。

カンキンレッド
カンキンレッド

ネット上で主流な方法はこの「現金化業者」だ。
Googleなどで「クレジットカード現金化」と調べるとこの現金化業者が多くヒットするはずだ。

業者を利用したクレジットカード現金化の形式は、大きく分けて以下の2種類があります。

  • 「商品買取型」
  • 「キャッシュバック型」

「商品買取型」は、業者が利用者に商品を販売し、カード購入してもらい、その場ですぐに「中古品」としてその商品を買取する形式の現金化方法です。

要は、現金化業者に商品を売ることで現金をゲットする方法となります。

カンキンブルー
カンキンブルー

「業者に指定された商品を購入、すぐに買取ってもらって現金を作る」というのが特徴だよ。転売みたいなイメージだね。

カンキンレッド
カンキンレッド

業者ごとに指定される「商品」は違うけど、商品の種類には意味はない。むしろ重要なのはいくら手元に還ってくるのかという「換金率」だ。

これに対して「キャッシュバック型」は、業者が利用者に商品を販売し、カード購入してもらい、「キャッシュバック」の名目で利用者に代金を支払う(口座振込)形式の現金化方法です。

「10万円の商品に9万円のキャッシュバック」というように高額なキャッシュバックを付与させるのが特徴となっています。

カンキンレッド
カンキンレッド

業者の販売する商品を購入して、高額なキャッシュバックを得るという方法となる。もちろん、ポイント還元と同じなので違法性はない。

上記のような2つの形式がありますが、いずれにせよ手数料が高額になるケース、換金率が極点に低いケースもあります。

そのため、現金化業者の「見極め」が重要です。

実際に利用する際はネット上のレビューを確認することをおすすめしますが、ヤラセも多いのでかなり要注意。

カンキンブルー
カンキンブルー

「買取型の方がお得」「キャッシュバック型の方が換金率が高い」ということはないよ。信頼性・安全性や換金率を見て判断しよう。

 

業者を利用する方法のメリット・デメリット

業者を利用しない方法(自力)と比較した際のメリット・デメリットを紹介していきます。

カンキンブルー
カンキンブルー

クレジットカード現金化に現金化業者を利用したい方はぜひ参考にして欲しい!

【メリット】

  • 現金化の流れがテンポよく進み、即日換金も可能
  • カードを止められにくい

【デメリット】

  • 手数料が高く、換金率が80%以下と低め
  • トラブルに巻き込まれる恐れがある

このように、業者を利用した場合は「バレずにすばやく現金を用意できるけど、金額面で損をするリスクが大きい」というのが特徴です。

メリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット1:現金化の流れがテンポよく進み、即日換金も可能

業者に依頼する現金化方法は非常にシンプルで、依頼後は指示通りに手続きを進めれば即日現金化も可能です。

わからないことがあれば、業者に聞くこともできますので、よりスムーズに現金化の手続きを進めることができます。

メリット2:カードを止められにくい

先述の通り、ショッピング枠の現金化はカード会社の利用規約違反です。

しかし、現金化業者(キャッシュバック型)を利用すると、業者側で現金化目的でカードを利用した履歴をうやむやにしてくれるため、不正利用がバレにくく、カードが止められにくいとされています。

カンキンレッド
カンキンレッド

どういうことなのか、さらに詳しく見ていこう。

まず、現金化の流れには必ず「カード決済」というステップがあります。

ゆえに、カードでの支払いに応じる現金化業者は、利用者が持つクレジットカードを発行するカード会社の「加盟店」でなければなりません。

しかし、現金化業者はカード会社が規約で禁止する「現金化行為」を行うため、カード会社の加盟店となるのは非常に困難です。

そのため、現金化業者は様々な業者のカード決済を代行する「決済代行会社」という仲介業者を介して、利用者のカード決済を受け付けています。

この決済代行会社が、現金化目的でのカードの利用を隠してくれるとされ、カード会社にバレにくいというのが通説とされています。

ただし、商品買取型で「新幹線の回数券購入を指定」とされてしまうと逆に利用停止リスクが大きくなる。業者によってリスクが変動するので要注意だ!

 

カード利用停止が心配ならこの業者。カード会社に見つかりづらく、入金ベースの換金率が80%ぐらいなので、カンキンマンの一押し業者。

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワン♪
その秘密は、カード決済システムにありました。
スピードワンが使っている決済は、日本の中でも有数な決済代行会社。
毎月数十億円も決済している中に、スピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自分で買って売って現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?
安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

 

 

カンキンレッド
カンキンレッド

メリットがあれば、デメリットもある。ここからは業者を利用した現金化方法のデメリットを紹介していくぞ。

デメリット1:手数料が高く、換金率が80%以下と低め

現金化業者は、手数料が非常に高額となる傾向があります。

そのため、換金率が大きく下がり、60~80%程度となることがほとんどです。

カンキンブルー
カンキンブルー

カンキンマンが紹介している現金化業者は80%なので優良業者なんだよ。決済手数料と業者の運営費を考えるとこれ以上は厳しいのが現実。

業者が「換金率98%の高価換金!」などと謳っていても、なんだかんだ理由をつけられ、入金額ベースの還元率は60~80%におさまることがほとんど。

このように現金化業者は実際の換金率を掲載していない傾向があり、「実際に業者で換金してからでないと換金率がわからない」という大変損をしやすい状況になりがちです。

ゆえに、「業者に騙された」と感じる方も多いとされています。

現金化業者のホームページに掲載されている換金率はあてになりません。

業者に依頼する以上、「換金率が80%を超えることはまずありえない」と覚えておきましょう。

デメリット2:トラブルに巻き込まれる恐れがある

現金化業者の中には悪質な業者も存在します。

そのような業者を利用すると「キャンセル料の不当な請求」や「カードの個人情報抜き取り」「代金の未入金」などといったトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

ゆえに、現金化業者の選び方は非常に重要となってきます。

カンキンマンが勧める業者は安心安全の業者なのでご心配なく!

 

業者を利用する場合の具体的な流れ

現金化業者を利用する場合は、クレジットカードと本人確認書類、口座番号を用意しておきましょう。

以下のような流れで現金化が進んでいきます。

  • ステップ1:現金化業者選び
  • ステップ2:希望する現金化業者の公式HPで申込みを行う(申込フォームがない場合は電話・メールなどで申し込む)
  • ステップ3:必要事項を記載し、現金化業者からの折り返しの連絡を待つ
  • ステップ4:現金化業者に提示された商品をカード決済で購入
  • ステップ4-A:商品買取型の場合は商品を業者に渡す(キャッシュバック型は待機)
  • ステップ5:業者の方で手続きが行われ、指定口座に現金が振り込まれる

現金化業者の店舗で現金化を行う場合もほとんど同一の流れで現金化できます。

即日現金化もできるほどスムーズでシンプルな流れです。

業者を利用する際の注意点

カンキンレッド
カンキンレッド

キツいデメリットはあったが、現金がすぐに要る場合は「即日現金化もできてすぐに現金が手に入る」という業者の特徴は魅力的に見えるだろう。
どうしても利用したいという方は以下の3つに注意して利用しよう。

  • 注意点1:換金率は参考にしない
  • 注意点2:とにかく「選び方の問題」業者の第一印象はあてにしない
  • 注意点3:参考にすべきは利用者のレビューでなるべく悪いレビューを見る

上記3つの注意点は現金化業者を利用する方に押さえてほしいポイントです。
詳しく見ていきましょう。

注意点1:換金率は参考にしない

デメリットでも説明したとおり、実際の換金率は提示された換金率を下回る可能性が高いです。

換金率は「注意を引くための数字」と割り切り、参考にしないことをおすすめします。

注意点2:とにかく「選び方の問題」業者の第一印象はあてにしない

業者の選び方を間違えると、ほぼ確実に現金化は失敗します。

例えば、以下のような「印象」で業者を決めるのは大変危険です。

  • 「ホームページが作り込まれていてきれいだから」
  • 「ホームページを見たら、お客様の声が掲載されており、良い評価が多いから」
  • 「電話したら、オペレーターの声が明るかったから」
  • 「換金率が高いから」

見るからに優良企業という会社は、ガワを作り、あたかも優良業者を装っている可能性が高いです。

参考にすべき情報は、本当にその業者を利用した方の意見となります。

レビューサイトや5ちゃんねるなどを利用するなどして、第3者の視点から現金化業者をふかん的に見ることが重要です。

注意点3:参考にすべきは利用者のレビューでなるべく悪いレビューを見る

レビューサイトを利用するのは重要ですが、なるべく悪いレビューに目を向けてみましょう。

こういったレビューサイトでは、業者側が意図的に良いレビューを書き込む可能性が高いので、悪いレビューの内容は参考になります。

悪いレビューを確認して、問題があるようなら、その現金化業者を候補から除外していきましょう。

カンキンブルー
カンキンブルー

現金化業者は「良い業者はいない」として消去法で選ぶことをおすすめするぞ。

もう心配はいらないゾ!入金額で80%の業者を紹介するから、ここで現金化してくれ!

スピードワン

とにかく入金が早いので急に必要になった時はスピードワン!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
対応しているクレジットカードも多く、ショッピング枠が足りない場合でも、複数枚カードを合わせて現金化してくれます。
家族のカードでも現金化してくれるなど、柔軟性にも定評あり。
接客が非常にていねいなのも有名で、親身になって相談に乗ってくれること間違いなし!
スピードワンが使っているカード決済は、日本の中でも有数な決済代行会社なので、カード利用停止の心配もなし。
早さと安心でいったら、スピードワンの右に出る業者はいません。カンキンマンいちおしの業者です!

エーキャッシュ

80%の固定換金率のエーキャッシュ。
「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多いのがクレジットカード現金化の世界。
そんな中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
そして、業者を使う最大のメリットが、「カード利用停止になりにくい」ということです。
決済代行会社という、毎月数億円も決済している会社がカードを切りますので、購入商品がわかりづらく、「現金化の利用」というのがカード会社に見つかりにくい。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。
方や、スマホだけですぐ現金化できて8割入金。そして安心。これでも自力で現金化しますか?^^

 

業者を使わない!クレジットカード現金化を自力で行う方法

即日現金化ができても、現金化業者の利用はちょっと…。

そんな方は、自力でクレジットカードを現金化で行う方法が現実的となります。

カンキンレッド
カンキンレッド

自力で行う現金化方法のアイディアはとても簡単だよ!

現金化方法は、通販サイトや街中の店舗でリサイクルショップなどで高く売れそうな商品をカード決済で購入し、リサイクルショップで売るだけとなります。

端から見ても、使わなくなった中古品を売っているだけであり、安全で安心な現金化方法です。

自力で行う現金化方法のメリット・デメリット

業者を利用する場合と比較し、自力で現金化をする際のメリット・デメリットを紹介します。

【メリット】

  • 換金率が高い
  • セルフでお得な方法を選べる
  • 現金化業者を利用するよりも安心して利用できる

【デメリット】

  • カード購入できない商品もある
  • 手間と時間がかかる
  • カード会社に目を付けられる恐れがある

この方法は換金率が高い方法ではあるのですが、なにかとカード会社の監視体制とカードの利用状況に気をつける必要があります。

それでは、メリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット1:換金率が高い

カンキンブルー
カンキンブルー

自力でのクレジットカード現金化は換金率が高い方法だよ。

厳密には「自力で換金率が高い方法を選べる」といった方が正しいですね。

世の中には「金券類」「ブランド品」「家電製品」「ゲーム」などといった換金率が高い(現金がたくさん還ってくる)商品が存在します。

そのような商品を狙い、一定数購入して対象商品の高価買取キャンペーンを実施しているリサイクルショップで売却することで、高価換金を実現可能です。

メリット2:セルフでお得な方法を選べる

現金化業者を利用する場合は、お得な方法を選ぶ基準がせいぜい業者の換金率程度です。

しかし、自力で現金化を行う場合は異なり、以下のような基準が用意できます。

  • 基準その1:高く売れる商品の種類
  • 基準その2:商品を安く買えるお店
  • 基準その3:高く買い取ってくれるリサイクルショップ
  • 基準その4:ポイント還元率が高いクレジットカード

この4つの基準を元に、換金率が高くなるように現金化方法を組み合わせ、独自にお得な現金化方法を編み出すことができます。

メリット3:現金化業者を利用するよりも安心して利用できる

現金化業者では詐欺まがいな行為が平気で行われているケースが少なくありません。

しかし、自力で現金化を行う方法は非常にバリエーションが豊富で、そのようなリスクのある方法を選ばないことでリスクを回避することが可能です。

「現金化業者が利用したくない」という場合は、自力で現金化することをおすすめします。

カンキンレッド
カンキンレッド

それでは、デメリットについても見ていこう。

デメリット1:カード購入できない商品もある

クレジットカードはAmazonや楽天などの豊富な品揃えを誇る通販サイトで利用できます。

ただし、世の中にはクレジットカードで購入できない商品もあります。

中でも商品券などの金券類のカード決済は禁止されているケースが非常に多いです。

このような換金率が高い商品の購入は現金化の常套手段となっています。

カード購入できない理由はカード会社が加盟店に対して現金化目的でのカード利用を禁止するよう呼びかけているという説が有力ですが、定かではありません。

カンキンブルー
カンキンブルー

カード払いOKのサイトでも「カード使えないじゃん」という場合は、現金化目的でのカード利用を恐れて、特定の商品のみカードが利用できないというケースも多いんだ。

カンキンレッド
カンキンレッド

当メディアでは、そのような換金率の高い商品をなんとかカード決済で購入する方法を紹介しているぞ!
少しでも気になる方は、ぜひホームから確認してみてほしい!

デメリット2:手間と時間がかかる

現金化業者の場合は、申込フォームに必要情報を記入して業者の案内を待つだけで良いのですが、自力で現金化する場合はそうはいきません。

自力での現金化方法は、自分で商品を用意し、適切な現金化方法を選ぶ必要があるので手間がかかります。

また、自宅で現金化する場合は商品の配送に1日以上の時間がかかるため、即日現金化の実現は難しいです。

カンキンブルー
カンキンブルー

業者に依頼するよりも安全な方法ではあるんだけど、スムーズに現金化できないという点は辛いね。

 

どうしても即日現金化を実現したい方は、移動費は多少かかるけど、実店舗で商品をカード購入して、その足でリサイクルショップで売却することで実現できるよ。

デメリット3:換金率が流動的

商品の買取価格は日々変動します。人気の商品ほど変動が激しい。

「昨日高かったのに、今日は下がっている…」そんなことは日常茶飯事なのです。

「商品購入後に買取価格が下がってしまった…」それほど悲しいことはありませんよね。

商品を買って売る現金化は、常に、買取価格の変動リスクがあることを念頭に置いて行う必要があります。

デメリット4:カード会社に目を付けられる恐れがある

換金率の高い商品を購入するため、カード会社に「現金化目的での利用では?」と疑われる可能性があります。

自力での換金方法の一番大きなデメリットであり、対策方法も限られています。

カンキンレッド
カンキンレッド

カード会社に疑われるのが心配だったら、現金化業者を使ったほうが断然安心なのだ!→その理由

自力で現金化する具体的な方法と流れ【要チェック】

自力で現金化する方法は以下の通りです。

慣れたら、みなさんご自身でさらにお得な現金化方法を見つけましょう。

ビール券、図書カード、クオカードなどの「商品券」を購入・換金

カンキンブルー
カンキンブルー

商品券の購入・換金は最もメジャーな現金化方法で人気があるよ!

商品券には様々な種類がありますが、実際にクレジットカードで購入できる商品券と購入方法は限られています。

その限られた商品券と具体的な換金方法は下記の記事でご紹介します。

「もう自力で現金化することに決めた」という方にはぜひ参考にして欲しい内容となっています。

カンキンレッド
カンキンレッド

おすすめの商品券はカード会社が発行する信託系の商品券だ。こちらはカードであっても問題なく購入できるぞ。

Amazonで「換金率が高い商品」を購入・換金

Amazonで換金率が高い商品を選択してカード購入し、リサイクルショップで換金する方法です。

例えば、Amazonでカード購入できる商品には以下のようなものがあります。

  • その1:商品券・ギフト券
  • その2:家電
  • その3:ゲーム機・ソフト

また、換金率が高い商品の特徴を押さえておけば、自力で換金率が高い商品を見つけ出すこともできますよ。

下記の記事を参考に、まずは換金率が高い商品を購入しましょう。

購入が完了したら、商品と本人確認書類を用意して、お近くのリサイクルショップや金券専門のリ

カンキンレッド
カンキンレッド

サイクルショップ「金券ショップ」に向かおう。本人確認書類や準備物、換金方法については下記記事が参考になるよ。

「新幹線回数券」を購入・換金

新幹線回数券はクレジットカードで購入可能です。

これを購入し、金券ショップで換金することで現金化できます。

新幹線回数券は時期や区間によっては需要があり、95%を超える金券ショップでも高い換金率を提示されるケースが多いです。

ただし、具体的な方法や人気の区間などの情報を知らないとスムーズに換金できないと思うので、下記の記事を解説書代わりに現金化をお試しくださいませ。

少額を現金化したい!Amazonギフト券の金額を自由設定で購入

Amazonギフト券は、Amazon公式サイトでクレジットカード購入可能です。

購入時に額面の金額を自由に設定できる(15円~500,000円)ので、千円単位の少額を現金化したいときには便利な方法となります。

カード決済後は指定したメールアドレスに残高追加用のデジタルコードが届きます。

あとはこれを「買取サイト」と呼ばれる業者に買取を依頼するだけです。

詳しい方法をふまえて、Amazonギフト券で少額現金化を成功させましょう。

 

面倒に感じたら、このクレカ現金化業者を利用してしまおう!手間なくすぐに入金してくれて、決済額の80%ならこっちのが早い!

クレジットカード現金化の不安を解消!違法性について

結論:グレーゾーン(違法でも合法でもない)

結論から言えば、現金化を行う方については合法・違法について問われるケースはありません。

カードを現金化する分には、現段階で違法性について心配する必要はありませんので、ご安心ください。

カンキンブルー
カンキンブルー

ただし、問題は「現金化業者」。

こちらの業者については違法性があります。

まず、現金化業者のサービス内容は、ショッピング枠で購入させた商品の金額分を現金に換えるというものでした。

この現金化の取引については、貸金業法または出資法上の「貸付け」行為に該当し、規制の対象となると考えられています。

つまり、規制の対象となるのに、貸金業の登録を受けていない場合、「無登録営業」として貸金業法第11条1項違反に該当する可能性があります。

また、現金化業者の手数料は高額で、換金率は非常に低いケースが多いです。

これを「金利」と見立てれば、一定の金利割合を超えている業者は「高金利」として出資法第5条2項違反とみなされる場合があります。

カンキンレッド
カンキンレッド

実際に実際に現金化業者が逮捕された例もある。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法で事実上のヤミ金融を営んだとして、警視庁生活経済課は5日、東京都台東区の貴金属販売会社「インフィニティ」の元代表(中略)を出資法違反(高金利、脱法行為)の疑いで逮捕した。カードの現金化業者を同法違反で逮捕するのは全国初。

引用元:日本経済新聞「カード現金化、出資法違反容疑で初摘発 警視庁」

このように現金化業者は違法である可能性が高い業者となっています。

利用者に罪はありませんが、業者は違法と承知のうえで高額な手数料を請求する可能性が高いです。

利用時にはくれぐれも注意しましょう。

 

カード会社に疑われる?疑われない方法と言い訳

ショッピング枠を現金化する行為は、多くのカード会社の利用規約に抵触する行為です。

カンキンブルー
カンキンブルー

違反としている理由は様々なものが考えられる。

 

「自社のキャッシング枠(金利あり)を利用せずに、ショッピング枠の現金化で現金を手に入れることができてしまうから」という説もあるよ。

カード会社が規制している行為は、あからさまにクレジットカードの現金化を行うような行為となります。

つまり、本来自分で買った商品を売って換金する行為自体は何の問題もないわけですね。

ただし、「短期間に複数回、新幹線回数券を購入」「合計数百点に及ぶブランド品の購入」「高額な額面の商品券を必要以上に購入」といった行為は、購入履歴からカード会社に現金化を疑われる可能性があります。

このように、換金率が高い商品を利用する場合は特に注意が必要なのです。

カンキンレッド
カンキンレッド

傍目で見ると、商品の用途から外れた不自然な購入方法に見えるんだ。

疑われない方法(商品の買い方)は以下の通りです。

  • 現金化のための商品購入は月に一度のみ
  • 同じ商品を複数回購入しない
  • 同じ商品を同時に複数個購入しない

つまり、「購入は一ヶ月に一度に一個ずつ、毎月別な商品を選んで購入」という方法が、最も疑われにくい方法となります。

一個ですので、高額な商品を一点購入するのがおすすめです。
家電などが良いですね。

もし「現金化目的での利用」がバレた場合は、必ずカード会社から「現金化目的での利用ではありませんか?」というような内容の電話がかかってきます。

こうなると、現金化目的の購入ではないことを適切に証明しなければいけません。

例えば

  • 「ゴルフ仲間への贈答用で一括購入が必要になった」
  • 「主催するイベントの景品を準備するために商品券の一括購入が必要だった」
  • 「出張で回数券が必要になった」
  • 「会社の備品として必要な商品だった」

などという場合は、状況的にカードで換金率が高い商品を大量購入する場合も考慮できます。

各々、購入した商品ごとに筋が通った購入のシナリオを用意しておきましょう。

まとめ

ここまでクレジットカードの現金化方法についてお伝えしてきました。

紹介した内容をいきなり実践に移すのは難しいかもしれません。

今後も現金化に関する情報を解説していきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

カンキンマン
カンキンマン

クレジットカードを安全に1円でも多く、カンキンだ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました