ウェブマネーの使い道がないと悩んでいる方必見!おすすめの使い道3選

この記事では余ったウェブマネーの使い道について解説しています。

余ったウェブマネーの使い道が分からない

ウェブマネーはオンラインサービス上に特化しており、店舗で利用する機会がないので、普段ネットショッピングをしない方は残高が余ってしまうかもしれませんね。

そのウェブマネーの使い道を探しているのだと思います。

そこで今回紹介するのが「ウェブマネーのスマートでお得な使い道」です。

この記事では特に、

  • ウェブマネーの使い道と具体的な手順
  • 具体的なツールを用いた使い道
  • 残高が少ない時の使い道
  • 残高を1つにまとめる方法

に力を入れて解説していきます。

ゆえに、ある程度残高が残っている方や少額が残っている方がウェブマネーの使い道を見つけることが可能ですよ。

カンキンマン
カンキンマン

ウェブマネーの休眠残高を使い切ってお得に生きよう!

実はこんなにある!ウェブマネーのおすすめ使い道3つ

出典WebMoney

ウェブマネーのおすすめの使い道は3つです。

  • LINE
  • iPhone
  • Amazon(Amazonギフト券)

まずはこの3つを紹介していきます。

ウェブマネーの使い道その1:LINE

ウェブマネーはLINEの公式ウェブストアLINE STOREの決済で利用できます。

出典LINE STORE

LINE STOREでは「スタンプ」や「着せかえ」などが購入できるぞ。

LINEは頻繁に利用する方が多いと思うので、スタンプや着せ替えを買っておいても良いだろう。

「LINE STORE」へのアクセスは以下の通りです。

LINESTOREへのアクセスの流れ
  • ステップ1
    LINE STOREへアクセス
    LINEアプリを開き、「ホーム」上部の検索フォームに「LINE STORE」と記入・検索するとLINE STOREへのリンクと表示されるのでタップ(またはURLから直接アクセス)
  • ステップ2
    後は好きなものを購入するだけ
    ウェブマネーはLINE STOREの決済で利用できるとあるのでラインナップにあるものはすべてウェブマネーで購入可能

LINE STOREでは以下のようなものが購入可能です。

  • 公式スタンプ:250円
  • クリエイターズスタンプ:120円、250円
  • 公式絵文字:250円
  • クリエイターズ絵文字:120円
  • LINE系スマホゲームへの課金:100~10,000円程度
  • 公式着せかえ:370円
  • クリエイターズ着せかえ:370円

ウェブマネーの残高に応じて複数個購入して良いかもしれませんね。

流行のスタンプや面白いスタンプを購入して友人・知人を驚かせても良いでしょう。

ウェブマネーの使い道その2:iPhone

iPhoneユーザーであればWebMoneyウォレットアプリをダウンロードしましょう。

出典WebMoneyプリペイドカード

この「WebMoneyウォレット」アプリを作れば、「WebMoneyカード(MasterCardブランドのプリペイドカード)」を作成可能です。

磁気カードタイプのプリペイドカードで、決済時にカード番号や有効期限などを記入し、クレジットカードと同様に利用できます。

クレジットカードではないので審査はありません。

そしてなんと、余ったウェブマネーの残高をコード入力で「WebMoneyカード」に残高移行できるんだ。

あとはMasterCardブランドの磁気プリペイドカードとして利用できるので、クレジットカード5大ブランドの一つ「MasterCardブランド」の決済に対応している実店舗やオンラインショップで利用可能だよ。

要は、ウェブマネーの残高の利用の幅が広がるということだな。

便利なWebMoneyカードの申込みはスマホアプリ初回起動時に案内されるので、案内の通り作成していきます。

以下の流れで「WebMoneyウォレット」のダウンロードと「WebMoneyカード」の作成を済ませておきましょう。

WebMoneyウォレットダウンロードとWebMoneyカード作成の流れ
  • ステップ1
    WebMoneyカード(プリペイドカード)の発行手続き
    スマホアプリを開き、電話番号を記入、SMSで受け取った5ケタの認証コードを記入、「WebMoneyプリペイドカードはお持ちでしょうか?」に対して持っているか持っていないか回答(今回は「持っていない」として解説)
  • ステップ2
    磁気カードの申込みを行う
    「WebMoneyカード」のLITE版の作成は完了だが、「申込む」から磁気カードを作成しておく(磁気カードを後で申し込むと安全を維持するために14日後利用停止となるため)
  • ステップ3
    必要情報を記入
    氏名、生年月日、希望するカード暗証番号、住所、メールアドレスなどWebMoneyカード発行に必要な情報を記入
  • ステップ4
    カードが自宅に届くまで待つ
    磁気カードが届くまで2日~1週間程度かかる(自宅に届いたら、アプリの「カード設定」から「カード受け取り確認をする」からカード裏面右側中央部の3ケタのPINコードを記入して受取確認を完了させる)
  • ステップ5
    WebMoneyカードに残高追加
    アプリを開き、「チャージ」から「プリペイド番号引継ぎ」から残高が余っているウェブマネーのシリアルコードを記入、WebMoneyカードに残高を追加する

WebMoneyカードに余ったウェブマネーの残高を追加するところまで紹介しました。

iPhoneだけではなく、Android版のアプリもあり、上記と同様の流れでWebMoneyカードを作成可能ですので、ぜひ作成しておきましょう。

繰り返すが、WebMoneyカードはMasterCardブランドのクレジットカードと同様なので店舗でも使えるぞ!

本来ならできないが、ウェブマネーの残高でコンビニで「タバコ」を買うこともできるんだ。

ウェブマネーの使い道その3:Amazon(Amazonギフト券)

出典Eメールタイプ Amazonギフト券

実はウェブマネーで便利なAmazonギフト券を購入する方法があります。

ウェブマネーでAmazonギフト券を購入できれば、Amazonで数億点を超える商品の中から好きな商品を購入できますし、Amazonギフト券を換金して残高の現金化も可能です。

一度便利なAmazonギフト券に交換しておくことで、様々な用途に使えるようになるね。

具体的な方法と手順は下記の記事で解説していきます。

気になる方はチェックしておきましょう。

ウェブマネーの使い道その4:残高の現金化

ウェブマネーの残高は現金に換えることも可能です。

現金化すればウェブマネーとしての使い道だけではなく、「現金」として自由に利用できます。

残高の換金方法は以下の2通りです。

  • 方法その1:ギフトカード専門買取サイト(買取業者)
  • 方法その2:ウェブマネー残高で商品を購入して売却で換金

方法その1のような買取サイトを利用すれば、75%前後の換金率で換金できますよ。

どうしても現金が必要という場合はこの方法で残高を換金して現金をゲットしましょう。

詳しい手順とおすすめの買取サイト、注意点は下記の記事で解説していきます。

ウェブマネーの使い道の探し方

上記以外の使い道でウェブマネーの残高を使い切りたいと思う方もいるでしょう。

ウェブマネーの使い道の探し方はとても簡単で下記の流れで探し出すことができます。

ウェブマネーの使い道の探し方
  • ステップ1
    ウェブマネー公式サイトにアクセス
    ウェブマネー公式サイトにアクセスし、上記のメニューバーから「WebMoneyを使う」をクリック・タップ
  • ステップ2
    カテゴリから好きな分野を選ぶ
    「オンラインゲーム」「SNS・ブログ」「動画・生放送」「音楽配信」「情報サービス」「電子書籍」「ショッピング」「ツール・ソフト」「寄付・募金」といったカテゴリからウェブマネーの残高で利用したいものを選ぶ
  • ステップ3
    オンラインサービスで残高を利用する
    カテゴリから興味のあるオンラインサービスで選び、残高を利用する

上記の流れでウェブマネーの使い道を探すことが可能ですよ。

LINEやAmazon以外にも使い道を探している方におすすめです。

ウェブマネーの残高(少額)が余ってしまった時のお得な使い道

ウェブマネー決済は様々なオンラインサービスで対応していますが、大概のサービスでは少額からの使用に対応しています。

中でも有名なサイトをチョイスしてみました。

ニコニコ動画やツイキャスを利用される方は生主(生放送主)に「投げ銭」という形で少額のウェブマネーの残高を使うことも可能です。

また、漫画アプリで気になる漫画の続きもウェブマネーの残高(少額)で読めてしまいますよ。

寄付・募金もあるので少しでも社会貢献したい方にはこちらもおすすめです。

100円単位の少額から利用できるサイトがほとんどだぞ。

特に使いたいサービスがない方は寄付・募金がおすすめだ。

1円単位で寄付額・募金額を設定できるからね。

残高が少額だったり、端数が発生してても全額使い切ることができるんだ。

ウェブマネーの残高をまとめる方法はコチラ

ウェブマネーを複数枚購入・譲渡され、バラバラになっている時があります。

一つにまとめたいですよね。

ウェブマネーの残高をまとめるためにはスマホと「WebMoneyウォレット」アプリが必要です。

つまり、バラバラのウェブマネーの残高をWebMoneyウォレットアプリの残高にまとめるということです。

WebMoneyウォレットに残高をまとめておけば、WebMoneyカードを発行した際に利用できますよ。

まずは以下の流れで「WebMoneyウォレット」のダウンロードと「WebMoneyカード」の作成を済ませておきましょう。

WebMoneyウォレットのダウンロードとWebMoneyカードの作成の流れ
  • ステップ1
    WebMoneyカード(プリペイドカード)の発行手続き
    スマホアプリを開き、電話番号を記入、SMSで受け取った5ケタの認証コードを記入、「WebMoneyプリペイドカードはお持ちでしょうか?」に対して回答
  • ステップ2
    磁気カードの申込みを行う
    「WebMoneyカード」の作成は完了だが、「申込む」から磁気カードを作成しておく(後で申し込むと14日後に利用停止となる)
  • ステップ3
    必要情報を記入
    氏名、生年月日、希望するカード暗証番号、住所、メールアドレスなどWebMoneyカード発行に必要な情報を記入
  • ステップ4
    カードが自宅に届くまで待つ
    磁気カードが届くまで2日~1週間程度かかる(自宅に届いたら、アプリの「カード設定」から「カード受け取り確認をする」からカード裏面右側中央部の3ケタのPINコードを記入して受取確認を完了させる)
  • ステップ5
    WebMoneyカードに残高追加
    アプリを開き、「チャージ」から「プリペイド番号引継ぎ」から残高が余っている複数のウェブマネーのシリアルコードを記入していき、WebMoneyカードに残高を追加する(まとめていく)

こうして残高をまとめることが可能です。

残高をまとめたWebMoneyカードは5大ブランドの一つ「MasterCardブランド」のカードとしてどこでも利用可能です。

複数のウェブマネーが余った場合はこの方法でウェブマネーの残高を1つに集めよう。

ただし、WebMoneyカード単位で残高をまとめることはできないので注意してね。

まとめ

ウェブマネーのおすすめの使い道は3つありました。

  • LINE
  • iPhone
  • Amazon(Amazonギフト券)

もちろん上記以外の使い道もありますので、この記事で紹介した探し方を参考にお好みのサービスを見つけることも可能です。

ウェブマネーの残高(少額)が余ってしまった時や複数のウェブマネーの残高が余っている場合も今回紹介した方法で解決しましょう。

カンキンマン
カンキンマン

ウェブマネーはこの記事で紹介した方法でお得に使い切ろう!

電子マネー
カンキンマン

なんでも換金し、より高い換金率を求めて戦い続ける換金戦士。
モットーは「カンキンマンの言う通りにやれば、換金率は最大限に高めることができる」。
クレカ現金化でさえ、業者を利用せず、自分で手軽にしかも高換金率でできてしまう!
換金情報を世に広めるために生まれてきた換金ヒーロー♪

カンキンマンをフォローする
シェアする
カンキンマンをフォローする
換金戦士@カンキンマン

コメント

タイトルとURLをコピーしました