ヤフオク現金化はバレる危険が!バレない現金化方法3つ【確実】

この記事ではヤフオクを利用したクレジットカード現金化について解説しています。

  • ヤフオクを利用してクレジットカードの利用枠を現金化したい

特に現金が足りない方は「クレジットカード現金化をしたい」と思うでしょう。

クレジットカード現金化には「現金化業者を利用する方法」と業者を利用せずに「自力で現金化する方法」の2つがあります。

便利な「ヤフオク」を利用すれば、自力で現金化することが可能です。

特に「業者が怖い」「業者は面倒」という方はヤフオクを利用して現金化したいはずです。

そこで今回解説するのが「ヤフオクを利用したクレジットカード現金化方法」となります。

具体的にご紹介する内容としては、

  • ヤフオクを利用したクレジットカード現金化方法
  • バレずに確実にクレジットカードを現金化できる方法
  • 通称“自作自演”と呼ばれるヤフオク現金化方法
  • ヤフオク初心者のためのヤフオク決済の仕組み

となっています。

カンキンマン
カンキンマン

この記事では上記の項目をわかりやすく解説しているので、ヤフオクを利用してクレジットカードが現金化できるぞ!

当然ですが、カード会社やヤフオク運営に現金化はバレたくないですよね。

この記事はみなさんがクレジットカード利用枠の現金化を無事サポートする内容となっていますのでご安心ください。

それでは解説していきます。

ヤフオクを利用した現金化方法3つと手順をご紹介!

ヤフオクを利用した現金化方法は以下の3つです。

  • 方法1:クレジットカードで商品券購入・ヤフオク転売
  • 方法2:クレジットカードで換金率の高い商品購入・ヤフオク転売
  • 方法3:ヤフオクで商品を仕入れて転売

このような現金化方法の他に、次章で紹介する「“自作自演”ヤフオク現金化方法」があります。

各現金化方法にはメリット・デメリットがあるので、それぞれの現金化方法を見比べながらみなさんご自身にあった現金化方法を見つけていきましょう。

「クレジットカード現金化って何?」「この記事を読んでクレジットカード現金化の基本が知りたくなった」という方は下記の記事が参考になるよ!より安心して現金化してもらうためにもこちらの記事がおすすめ!

 

転売での現金化が面倒なら、クレカの現金化業者を利用しよう!申込、決済後すぐに入金され、換金率は80%、優良店でやれば安心安全!

スピードワン

とにかく入金が早いので急に必要になった時はスピードワン!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
対応しているクレジットカードも多く、ショッピング枠が足りない場合でも、複数枚カードを合わせて現金化してくれます。
家族のカードでも現金化してくれるなど、柔軟性にも定評あり。
接客が非常にていねいなのも有名で、親身になって相談に乗ってくれること間違いなし!
スピードワンが使っているカード決済は、日本の中でも有数な決済代行会社なので、カード利用停止の心配もなし。
早さと安心でいったら、スピードワンの右に出る業者はいません。カンキンマンいちおしの業者です!

エーキャッシュ

80%の固定換金率のエーキャッシュ。
「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多いのがクレジットカード現金化の世界。
そんな中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
そして、業者を使う最大のメリットが、「カード利用停止になりにくい」ということです。
決済代行会社という、毎月数億円も決済している会社がカードを切りますので、購入商品がわかりづらく、「現金化の利用」というのがカード会社に見つかりにくい。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。
方や、スマホだけですぐ現金化できて8割入金。そして安心。これでも自力で現金化しますか?^^

 

方法1:クレジットカードで商品券を購入してヤフオク転売

この方法は「商品券」や「ギフト券」といった金券類をクレジットカードのショッピング枠で決済・購入してヤフオクに転売し、ショッピング枠を現金化する方法となります。

いわゆる「商品券によるクレジットカード現金化」です。

こうした金券類は高く売れる(換金率が高い)商品として有名であり、クレジットカード現金化アイテムとして活用する方も多いです。

まずはこの現金化方法のメリット・デメリットを見ていきましょう。

ヤフオク現金化「商品券」
メリット
  • 商品券は需要があり、売れやすい
  • 商品券の換金率は高く、
    ほぼ額面通りか額面以上の値段で売れる
デメリット
  • カード購入の方法に乏しい
  • 「商品券」の過度なカード購入は
    カード会社に「現金化行為ではないか?」
    と目を付けられやすい
    (JCB、UCなどカード会社発行の商品券を除く)

買い手が付きやすく、高く売れるのが商品券の特徴だな。

だけど、クレジットカード現金化の常套手段として利用されてきたので、カード会社にマークされやすい商品とされているよ。

現金化方法の手順を見ていきましょう。

現金化の流れ
  • ステップ1
    商品券の購入(現金化アイテムのゲット)
    まずはクレジットカード現金化に必要な「商品券(金券類)」をクレジットカード決済で購入(購入方法は後述)
  • ステップ2
    出品のルールを確認して出品
    出品手続きを行い、商品情報を入力・登録して出品
  • ステップ3
    落札後、落札者に送料を連絡し、代金の支払い(入金)を確認後、商品を発送、取引を完了させる
  • ステップ4
    売上を指定口座に振込(商品の換金完了)
    ヤフオクの売上金の振込手続き

上記のステップでクレジットカードを現金化することが可能です。

実際にヤフオクで出品(落札)されている商品券には以下のようなものがあります。

  • 「JCBギフトカード」
  • 「Amazonギフト券(Eメールタイプ)」

上記のような商品券はクレジットカードで購入可能です。

問題はこれらのクレジットカードをどうやってクレジットカード購入するかという点だ。

下記の記事では上記の商品券のクレジットカード購入方法を紹介しているのでぜひ参考にして欲しい。

もちろん上記以外の商品券でもクレジットカード購入可能なものがあります。

以下の記事を参考にしながら、商品券をクレジットカード決済で購入し、ヤフオクへ出品・売却しましょう。

方法2:クレジットカードで換金率の高い商品を購入・ヤフオク転売

方法2は換金率が高く、ヤフオクで高く売れる商品をクレジットカードで決済・購入してヤフオクに転売・現金化する方法となります。

クレジットカードで高く売れる商品を購入してヤフオクで転売、現金化する方法だね。

換金率が高い商品とは、以下のような商品のことです。

  • 贈答品として人気のある「商品券(金券類)」
  • 手軽な娯楽の頂点「ゲーム機・ゲームソフト」
  • 値段が高くても購入したくなる「ブランド品」
  • 生活に必須で一定の需要がある「家電製品」

このような商品は人気度が高く需要があるためか、換金率が高めです。

上記の商品をカード購入し、ヤフオクで転売する方法となります。

また、この方法は商品券のように高く売れる商品を購入しているという点で方法1と似ています。

しかし、現金化アイテムは商品券に限らないため、より自由度が高い方法となります。

メリット・デメリットをまとめてみます。

ヤフオク現金化「換金率の高い商品」
メリット
  • カード決済が容易
  • カード会社に目を付けられにくい
デメリット
  • 商品の「見極め」が重要となる
  • 換金率が低くなることもある

換金率が高いというだけではカード会社に目を付けられにくい。比較的にカード決済は用意なんだ。

それでも高く売れる商品の見極めが大事になってくるよ!見極めに失敗すれば換金率が低くなることもあるので注意だ!

この方法の手順は以下の通りです。

転売の流れ
  • ステップ1
    商品券の購入(現金化アイテムのゲット)
    通販サイトや店舗を訪れて換金率が高い商品を見極めてクレジットカード決済で購入
  • ステップ2
    出品のルールを確認して出品
    出品手続きを行い、商品情報を入力・登録して出品
  • ステップ3
    落札後、取引を完了させる
    落札後、落札者に送料を連絡し、代金の支払い(入金)を確認後、商品を発送、取引を完了させる
  • ステップ4
    売上を指定口座に振込(商品の換金完了)
    ヤフオクの売上金の振込手続き

方法1:クレジットカードで商品券を購入してヤフオク転売」との違いは、ステップ1で商品を見極める必要があるという点だけです。

気になるのは「どのような商品を購入すれば良いのか」という点。

下記の記事では、Amazonで換金率が高い商品を紹介していますので、ヤフオク現金化のための商品選びの際にぜひお役立てくださいませ。

方法3:ヤフオクで商品を安く落札し、クレジットカード決済後転売

方法3はヤフオクで商品を安く落札し、クレジットカード決済後、商品をヤフオク他オークションサイト・フリマアプリ、リサイクルショップ、質屋などを利用して転売する方法となります。

いわゆる「せどり」のことですね。

この方法でおすすめの商品は方法2と同様に以下のような商品となります。

  • 「ゲーム機・ゲームソフト」
  • 「ブランド品」
  • 「家電製品」

どれも一定の需要がある人気商品となります。

ヤフオクはせどりを生業としている方々からも出品数が安定しており「仕入れ先」として重宝されているサイト。

これをクレジットカード現金化に活用していきたい。

この方法3のメリット・デメリットは以下の通りです。

ヤフオク現金化「せどり」
メリット
  • 換金率が非常に高く「利益」が出るほど
  • カード会社に目を付けられにくい
デメリット
  • 商品の「見極め」が重要となる
  • せどり行為は「法律」を意識する必要がある

「せどり」の形式を応用したクレジットカード現金化方法となりますので、上記のようなメリット・デメリットとなります。

この現金化方法の手順は以下の通りです。

転売の流れ
  • ステップ1
    転売用の商品を探す
    ヤフオクの商品検索を利用し、転売用の商品(在庫処分や不要品処分で出品している方)を探す
  • ステップ2
    商品の入札
    傷や汚れなどの商品状態やライバルとのオークション状況を確認して入札を行う(入札は取消不可なので注意)「入札する」ボタンを押し、入札画面が表示されたら「最高入札額」欄に「支払っても良い金額(なるべく安め)」を入力し、「確認する」ボタンを押す(場合によっては「値下げ交渉機能」も利用)
  • ステップ3
    最高額入札者になれたら、取引を完了させる
    ステップ2で入力した最高入札額が現状一番高い場合、「あなたが現在の最高額入札者です」と表示され、オークション終了時まで維持すれば落札者となれる(最高額入札者を抜かれた場合は「再入札」)
  • ステップ4
    オークション終了後、代金支払い
    落札後は入札者に連絡し、代金を「Yahoo!かんたん決済(クレジットカード決済)」で支払い取引を完了させ、商品の発送・到着を待つ
  • ステップ5
    商品を転売(商品の換金完了)
    商品をヤフオクやその他方法を利用して転売して換金する

上記の5ステップでクレジットカードの利用枠を現金化できます。

コツは出品者に対してリピート落札、まとめて落札・買取してさらに安くしてもらう工夫と交渉を行い、商品をなるべく安く仕入れます。

後は購入した商品を転売して高く売るだけです。

転売方法や高く売るコツ、具体的な買取の流れは以下の記事で解説していますので、この方法でクレジットカードを現金化したい方は必見ですよ。

確実な方法は“自作自演”でヤフオクに出品・購入だが・・・

よくネット上で紹介されている有名な方法として、ヤフオクを利用して”自作自演”でクレジットカードを現金化する方法があります。

Yahooアカウントを2つ用意し、1つ目のアカウントで商品を出品し、2つ目のアカウントでその商品を落札してYahoo!かんたん決済(クレジットカード決済)で購入し、1つ目のアカウントの売上を現金化するというものです。

自分で商品を出品し、自分で商品を落札しているので「自作自演」と呼ばれています。

ヤフオク現金化「自作自演」
メリット
  • 自分で購入するので確実に買い手が付く
  • 希望する金額で落札できるので
    換金率は100%(損失なし)
  • カード会社にも目を付けられにくい
デメリット
  • 自作自演での出品落札はヤフオクの規約違反

一見するとメリットが多く、正常な商品のやり取りに見えますが、実はこのような利用方法は以下のようにヤフオクの利用規約違反となっています。

自身の出品したオークションに入札行為を行うこと。なお、入札の成否を問いません。

偽名を使用したり第三者を通したりするなどして商品等に入札する

引用第1編 ヤフオク!ガイドライン細則「A.出品者の禁止行為」

ガイドライン違反の行為が発覚した場合(バレた場合)、出品・入札・評価などヤフオク上のサービスが利用できない「利用停止」状態となります。

「今後ヤフオクが利用できなくなる」というリスクは大きいので、この方法はネット上で紹介されていてもなるべく利用しないことをおすすめします。

前章の方法の中では方法2や方法3はヤフオクだけではなく、カード会社にバレるリスクが小さい。

そういった方法を利用してクレジットカードを厳禁できると良いだろう。

 

面倒に感じるなら、クレジットカード現金化業者を利用しよう。スマホで手間なく、すぐ入金してくれて、決済額の80%なら悪くない!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワン♪
その秘密は、カード決済システムにありました。
スピードワンが使っている決済は、日本の中でも有数な決済代行会社。
毎月数十億円も決済している中に、スピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自分で買って売って現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?
安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

 

ヤフオク現金化のポイント!ヤフオク利用の際の注意点

普段からヤフオクを利用し慣れていれば、ヤフオクを利用した現金化は容易です。

そのため、「ヤフオクを使い慣れている」という点は重要になってきます。

そこでヤフオクを現金化のために利用する上で以下の2つのポイントに注意しましょう。

  • 注意点1:ヤフオクの売上の振込(手数料)と期限
  • 注意点2:Yahoo!かんたん決済とヤフオクで現金化できるカード

2つのポイントについて解説していきます。

注意点1:ヤフオクの売上の振込(手数料)と期限

ヤフオクで出品した商品が落札された際、「指定口座に現金振込」でヤフオクの売上金を換金(現金で受け取り)する必要があります。

売上金の振込の手順は簡単で以下の手順で「振込依頼」するだけです。

振込依頼の流れ
  • ステップ1
    売上金管理ページを開く
    ヤフオクにログインし、売上金管理ページを開く
  • ステップ2
    「現金で振込」をクリック
    「現金で振込」をクリックすると振込内容が表示されるので金額や振込口座(受取用の口座情報)などを確認後「振込依頼」をクリック
  • ステップ3
    振込手続き完了
    振込手続き完了で「入金スケジュール」に沿って、指定口座に代金が入金される

ヤフオクには以下のように「入金スケジュール」が存在し、このスケジュールに沿って振込日が決められます。

  • 平日の13時までに振込依頼した場合:翌営業日振込(土・日・祝日・年末年始除く)
  • 平日の13時以降に振込依頼した場合&休日に振込依頼した場合:翌々営業日

また、振込には手数料がかかります。

手数料 入金のタイミング
「ジャパンネット銀行口座」
への振込依頼
無料 365日24時間入金対応
その他口座への振込依頼 1回100円 上記の「入金スケジュール」に
準ずる受取口座が「ゆうちょ銀行」の場合、
上記からさらに+2営業日かかる

このように、ジャパンネット銀行の口座以外は1回100円の手数料がかかります。

ただし、paypayチャージであればチャージ料無料で即時チャージとなります。

これは大きなメリットですので現金でなくても良い場合はpaypayにチャージにしても良いでしょう。

売上金管理ページの「PayPayにチャージするには」からpaypayのチャージ手続きを行いましょう。

また、ヤフオクの売上には5ヶ月の期限があり、期限を過ぎると振込が行われます。

口座を登録しておけば振込手続きが行われますが、口座登録していない場合は「口座登録の催促」が届くので、それまでに受取口座の登録を行っておきましょう。

注意点2:Yahoo!かんたん決済とヤフオクで現金化できるカード

Yahoo!かんたん決済はYahoo!が落札者と出品者を仲介し、スムーズな商品代金の支払いと受取を実現する決済サービスです。

クレジットカード、インターネットバンキング、ジャパネット銀行支払い、銀行振込といった支払い方法に対応しています。

クレジットカードを利用する場合はこのYahoo!かんたん決済を介して手続きを行いますので、このYahoo!かんたん決済に対応しているカードブランドである必要があります。

Yahoo!かんたん決済に対応しているカードブランドは以下の通りです。

  • ヤフーカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • Diners Club
  • アメックス

ヤフオクでクレジットカードを利用するためには、必ずYahoo!かんたん決済を介します。

ゆえに、上記のカードブランド以外はヤフオクを利用できず、この記事で紹介したクレジットカード現金化方法も実践できませんのでご注意ください。

ヤフオクに現金化のために出品するのは違法か

結論から言えば、ヤフオクを現金化のために利用しても違法ではありません。

まず、ヤフオクに商品を出品する際に以下の2つの法律が関係しています。

  • 「古物営業法」
  • 「特定商取引に関する法律(特定商取引法)」

基本的に購入した商品を不要品として購入価格または購入価格以下の金額で売る分には、上記の法律の規制の対象とはなりません。

ただし、「方法3:ヤフオクで商品を安く落札し、クレジットカード決済後転売」のように「せどり」として利益を得る場合は異なります。

この方法の場合、「営利(利益を得る)の意思がある」とみなされ、上記の2つの法律の規制対象(事業として許可を申請する義務が発生するなど)となります。

つまり、方法3のヤフオククレジットカード現金化法で利益を得る場合は法的な手続きを経る必要があるわけだね。

利益を得ない目的であくまでも購入した時と同じ価格で転売するならば法律の対象外だ。

また、「方法1:クレジットカードで商品券を購入してヤフオク転売」や「方法2:クレジットカードで換金率の高い商品を購入・ヤフオク転売」の場合も、以下のように「出品数の多さ」によっては特定商取引法の規制対象となる可能性があります。

  • その1:過去1ヶ月に 200 点以上又は一時点において 100 点以上の物品をネット上に出品
  • その2:(ネット上で物品を売り続けた結果)落札額の合計が過去1ヶ月に 100 万円以上である場合
  • その3:(ネット上で物品を売り続けた結果)落札額の合計が過去1年間に 1,000 万円以上である場合

たいていの場合は上記のような数量や金額に達することはありませんが、売り方によっては特定商取引法の対象となる可能性はあります。

いずれにせよ、現金化のしすぎには注意ということだな。

ヤフオク現金化は不安?確実に現金化できる“ある商品”

「カード会社やヤフオクにバレるリスクが怖い」という方もいるでしょう。

最も確実にクレジットカードを現金化する方法は、カード会社が発行する「信託系商品券」を公式サイトでカード購入し、ヤフオクなどで転売する方法です。

この方法であれば自然な形で商品券をカード決済で購入できますので、カード会社に怪しまれる心配はありません。

また、ヤフオクから見ても商品券を出品しているだけですので、規約違反や利用停止のリスクなしで換金できます。

信託系商品券には以下のようなものがあります。

  • VISAギフトカード
  • JCBプレモカード
  • JCBギフトカード(紹介済み)
  • UCギフトカード
  • アメックス百貨店ギフトカード

上記のような商品券はカードブランドの加盟店で利用できますので、非常に人気があり、換金率も高めです。

信託系商品券の購入方法と信託系商品券を利用したクレジットカード現金化方法については下記の記事でそれぞれ解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

ヤフオクの現金化方法には以下の3つの方法がありました。

  • 方法1:クレジットカードで商品券購入・ヤフオク転売
  • 方法2:クレジットカードで換金率の高い商品購入・ヤフオク転売
  • 方法3:ヤフオクで商品を仕入れて転売

これらの方法の他にYahooアカウントを2つ利用して商品を出品し・落札して売上を現金化するという「自作自演」の現金化方法もありますが、ヤフオクの規約違反なのであまりおすすめできません。

また、先の3つの現金化方法を試す場合も

  • 注意点1:ヤフオクの売上の振込(手数料)と期限
  • 注意点2:Yahoo!かんたん決済とヤフオクで現金化できるカード
  • ヤフオク現金化と違法性

といった項目を意識して、不安を解消して円滑に現金化を進められるようにしておきましょう。

カンキンマン
カンキンマン

現金化成功に向けてがんばろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました