【必見】おこめ券の購入~換金方法まとめ!クレカ現金化にも利用できる

この記事ではおこめ券の入手方法から買取の方法まですべてを紹介しています。

おこめ券について少しでも気になることがある」という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

カンキンマン
カンキンマン

おこめ券の取り扱いはこの記事でマスターだ!

それでは解説していきます。

おこめ券のお得な買い方

おこめ券の買い方をチェックしたら、今すぐ購入しよう!

おこめ券を購入する方法はいくつかありますが、中でもおすすめなのが以下の3つの方法です。

  • 購入方法その1:おこめ券取扱店
  • 購入方法その2:金券ショップ
  • 購入方法その3:株主優待

お好みの方法でおこめ券を購入しましょう。

また、クレジットカードで購入することも可能です。

下記の記事ではおこめ券購入の具体的な流れとおこめ券に関する基礎知識を解説しています。

購入前にチェックしておきましょう。

おこめ券を高く売れる売り方

おこめ券を売る場合は、最低限「換金率」だけ気にしておこう。

おこめ券を高く売れる方法以下の3つです。

  • 方法その1:金券ショップの店頭買取
  • 方法その2:金券ショップの郵送買取
  • 方法その3:オークション・フリマアプリ

この3つの方法さえ覚えておけば、お得に換金できます。

下記の記事では具体的な流れと換金率、換金時の注意点を解説しているので、「おこめ券を換金したい」という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

おこめ券はクレカ現金化に向いているか

結論から言えば、おこめ券はクレジットカード現金化に向いています。

流れを確認してみましょう。

おこめ券を利用したクレジットカード現金化は以下の流れで進みます。

おこめ券を利用したクレジットカード現金化の流れ
  • ステップ1
    おこめ券購入
    クレジットカード決済で必要枚数を「贈答用」として購入!
  • ステップ2
    おこめ券買取・換金
    この記事で紹介した買取方法で必要枚数購入したおこめ券を現金に換えるだけ

たった2ステップであり、非常にシンプルです。

ここからさらに

換金率」「時間」「費用

の3つの観点から考えてみましょう。

まずおこめ券は一定の需要があるためか、換金率が高く、高く売れます。

現金化アイテムに適しています。

次に現金化にかかる「時間」ですが、カード購入でおこめ券を購入した場合、手元に届くまで10日前後かかること以外は問題ありません。

換金自体は金券ショップで即日換金できるので問題ないよ。

ただし、即日現金化というわけにはいかないので、クレジットカード現金化に「最適」とは言えません。

「費用」に関しては換金率が高い金券ショップを選び、最寄りの金券ショップで店頭買取を行えば、手数料を安く抑えることもできるので、コスパが良いと言えます。

  • じっくりと時間をかけてでも現金化したい方
  • 定期的にショッピング枠を現金化したい方

には向いている方法となります。

おこめ券以外の方法でもクレカ現金化できる

クレジットカードを現金化したいならば、何もおこめ券にこだわる必要はありません。

  • 換金率が高い商品を購入・転売して現金化する方法
  • 現金化業者を利用して現金化する方法

具体的な換金方法は下記の記事で解説していますので参考にしていただければ幸いです。

 

一番手っ取り早いのはクレカ現金化業者。申込、決済後すぐに入金され、換金率は80%、しかも利用停止になりづらいと来たら、現金化業者のほうが良いと思うゾ!

スピードワン

とにかく入金が早いので急に必要になった時はスピードワン!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
対応しているクレジットカードも多く、ショッピング枠が足りない場合でも、複数枚カードを合わせて現金化してくれます。
家族のカードでも現金化してくれるなど、柔軟性にも定評あり。
接客が非常にていねいなのも有名で、親身になって相談に乗ってくれること間違いなし!
スピードワンが使っているカード決済は、日本の中でも有数な決済代行会社なので、カード利用停止の心配もなし。
早さと安心でいったら、スピードワンの右に出る業者はいません。カンキンマンいちおしの業者です!

エーキャッシュ

80%の固定換金率のエーキャッシュ。
「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多いのがクレジットカード現金化の世界。
そんな中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
そして、業者を使う最大のメリットが、「カード利用停止になりにくい」ということです。
決済代行会社という、毎月数億円も決済している会社がカードを切りますので、購入商品がわかりづらく、「現金化の利用」というのがカード会社に見つかりにくい。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。
方や、スマホだけですぐ現金化できて8割入金。そして安心。これでも自力で現金化しますか?^^

 

まとめ

おこめ券の用途が「贈り物」だけではないことが分かりました。

現金が足りないときはおこめ券を頼って現金をゲットしましょう。

カンキンマン
カンキンマン

現金が欲しい方はホームの最新記事もチェックだ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました