Amazonギフト券の『現金化』はバレる?理由と対策

Amazonギフト券の現金化は下手をすればガチでバレます。まずはバレるとどうなるか、実体験に基づき解説していきます。みなさんは絶対に同じ轍を踏まないでください。

Amazonギフト券の現金化がガチでバレるとどうなる?

Amazonギフト券の現金化がバレるとこうなります。

①:Amazonギフト券の現金化がバレると残高無効化

Amazonギフト券はAmazon側の利用規約で現金化(換金)が禁止されています。

スクリーンショット出典:Amazonヘルプ&カスタマーサポート「Amazonギフト券細則」

Amazonギフト券現金化がAmazon側に発覚すると、Amazonギフト券の残高が無効化される措置を食らいます

スクリーンショット出典:Amazonヘルプ&カスタマーサポート「Amazonギフト券細則」

Amazon側は発行したAmazonギフト券の不正利用を検知するシステムがあるのでしょうね。

でも「Amazonギフト券を現金化しても売った後だし関係ねぇ」「売ったもん勝ち」なんて思ったりしませんか

Amazonギフト券を現金化する際に利用するのは大概買取ボブのような「ギフト券の買取業者」ですよね。その買取業者がAmazonギフト券を買い取った後は必ず「再販」しています。

ここでAmazon側がギフト券の不正利用に気付くと、残高を無効化されます。

その後、再販された中古Amazonギフト券(規約違反で残高無効化済)を購入したユーザーが今度は「これ残高ないじゃん!」と買取業者クレームを入れるかもしれません。

そうなると今度は買取業者が「空の残高のAmazonギフト券を売るなんてどういうことだ!」と買い付けた相手(みなさん)に確認の連絡をとるわけです。

何が言いたいかというと、知らずのうちに利用規約違反でAmazonギフト券の残高が無効化され、それを受け取った業者が残高のないAmazonギフト券を売られたと怒ってくるわけです

詐欺罪が成立しますし、最悪裁判沙汰になります。Amazonギフト券の現金化を甘くみてはいけません。

Amazonギフト券の現金化がバレるのが面倒?決済代行業者を介するクレジットカード現金化ならバレる可能性を低くできる。

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

クラッチ

クラッチの安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてクラッチの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

②:Amazonギフト券の現金化がバレるとクレカ利用停止

Amazonギフト券の決済にクレジットカードを利用した場合、カードが利用停止になるおそれがあります。

大半のカード会社では利用規約で「換金性の高い商品の連続購入を禁ずる」などと定めています。
以下は楽天カードの利用規約です。

スクリーンショット出典:楽天カード「カード会員規約」

Amazonギフト券はこの換金性の高い商品とみなされやすいです。

といっても、カード会社が追えるのは会員のカード利用履歴だけでそのあとAmazonギフト券がどのように利用されたかなどと知る由がありません。

そこでカード会社は現金化する人間のカード利用統計モデルを作り、会員のカード利用を監視しているとされます。

Amazonギフト券を連続購入するとこのモデルに当てはまってクレジットカードの利用を止められてしまうという流れになります。

データが集まって来れば当然統計モデルの精度が上がってくるので、近年ではAmazonギフト券をクレジットカードで連続購入すれば必ずバレるとまでいわれていますね

③:Amazonギフト券の現金化がバレるとキャリア決済利用停止

Amazonギフト券の決済にスマホのキャリア決済を利用した場合でも利用停止になる可能性があります

au、ドコモ、ソフトバンク、どのキャリア決済の利用規約でも決済枠の現金化行為は利用規約違反です。
以下はd払いの利用規約ですが、やはり現金化は禁止されています。

スクリーンショット出典:d 払い/ドコモ払いご利用規約

クレジットカード同様に現金化の統計モデルを作ってキャリア決済利用履歴を監視し、不正利用を検知しているものと思われます

Amazonギフト券を利用したキャリア決済の現金化も連発すればバレる可能性ありますので注意です。

Amazonギフト券の現金化がバレるのを防ぐ方法

Amazonギフト券をバレるのを防ぐためには次の対策をとっていきましょう。

バレるのが心配なら①:Amazonギフト券を購入する期間をあける

Amazonギフト券を頻繁に購入するとAmazonやカード会社、スマホキャリアから「現金化目的でAmazonギフト券を購入している」と悟られます

Amazonギフト券は換金率が高く、購入すると目をつけられやすいとされますが、そもそもAmazonギフト券はその名の通り「ギフト」券で用途は「贈答用」であり、短期間に頻繁に購入するものではないというのが一般論でしょう

つまりバレるのが心配であればAmazonギフト券を頻繁に購入しないというのが正解です。月1回が程よいと思います。

バレるのが心配なら②:高額なAmazonギフト券を購入しない

Amazonギフト券には高額な券面もありますよね。近年では額面が任意で指定できるようになり、中古市場では10万円を超える高額な残高を持つAmazonギフト券も出回っています。

こうした高額Amazonギフト券を新規発行・中古購入すると、一発で現金化がバレることがあります。

1枚で10万円を超えるような高額なAmazonギフト券は、その1枚を現金化するだけで大きな金額を手に入れることができてしまいます。

そのため、高額なAmazonギフト券の購入は警戒されやすいのです

Amazonギフト券を購入するなら一度の購入金額を1万円ー5万円程度にしておきましょう。

バレるのが心配なら③:Amazonギフト券に使った分をきちんと返す

借入に限らず、クレジットカードやキャリア決済で使った分はマジですぐに返してください。

知っている方も多いと思いますが、返さなければ信用情報に余裕で傷がつきます

「遅滞」として信用情報機関に登録され、5年間はリセットされません。

その間、新規で借入・ローンの審査を受ける際に信用情報を参照した金融機関や消費者金融が「こいつは遅滞する奴だ」とすぐにみなされます。

そして、例え審査に通ったとしても遅滞を繰り返すような人間は信用されません。

Amazonギフト券を普通に購入しただけでも現金化目的と疑われるでしょう。

せめてAmazonギフト券を購入した分くらいはちゃんと返しましょう

バレるのが心配なら④:浪費を止める

説教するわけではありませんが、経験上浪費を止めるのが巡り巡ってAmazonギフト券の現金化バレの抑止につながります。

浪費する⇒現金がなくなる⇒現金化に走る⇒Amazonギフト券を現金化する⇒返せなくなって遅滞する⇒決済業者に現金化がバレる・・・

経験者でなくともわかると思いますが、この流れは最悪です。Amazonギフト券を現金化する場面が浪費の末というのはわかりますが、とにかく浪費をやめて下さい。それだけです。

Amazonギフト券の現金化がバレる理由

Amazonギフト券の現金化がバレる理由は2つです。

バレる理由①:Amazon側の不正検知システムが優秀だから

Amazon側には何らかの方法で発行したAmazonギフト券の不正利用を検知するシステムがあるものと思われます。

あるいはAmazon独自の「信用情報管理システム」のようなものがあり、ユーザーごとに信用度を管理しているのかもしれません

仮にそれが正しければ、信用できないユーザーがamazonギフト券を購入すると、規約違反でアカウントを止める、といった措置をとるなどが想定できます

Amazonに以下のようなポリシーがある以上、何らかの手段でAmazonギフト券の使用状況を監視できると思われます。

スクリーンショット出典:Amazonヘルプ&カスタマーサポート「Amazonギフト券細則」

バレる理由②:決済業者側の不正検知システムが優秀だから

冒頭で説明したように、カード会社やスマホキャリアはクレジットカードやキャリア決済の利用履歴を監視しています。

利用履歴(購入店舗・日時・金額)と言った情報を要素に統計的に「現金化に至る人間」を特定できる仕組みがあります

これは統計ですのでデータが集まれ集まるほど精度が増します。

つまり、この先不正検知システムはさらにデータを集めて優秀になる未来しかありません。

「なんでバレる?」と思うかもしれませんが、それはこの統計モデルの精度が非常に高いので現金化も余裕で発覚するものと思われます。想像ですが。

Amazonギフト券の現金化がバレる人の特徴

実際にAmazonギフト券の現金化ぎバレた人(自分)に言わせてみれば以下の特徴があったと分析しています。

バレる人の特徴①:ガチで現金がない

みなさん今確実に浪費しすぎて現金がなくなってますよね。ガチで現金が手元にない状態でAmazonギフト券を現金化をすると、後で購入分を払えなくなります

後でキャリア決済やクレジットカードの利用代金が払えなければ「遅滞」として信用情報に傷がつき、信用を貶め、現金化がバレるようになります。

現金がない人はくれぐれもAmazonギフト券の現金化のしすぎに注意してくださいね。

バレる人の特徴②:短期間でAmazonギフト券を大量購入しがち

現金化のために数日〜数週間の短期間でAmazonギフト券を連続購入して換金するような人はまずバレると思ってください。

現金がない苦しみはわかりますが、最後の砦であるカードやキャリア決済を現金化発覚による利用停止で失うのは得策ではありません

Amazonギフト券を現金化するなら頻度を月一度にしましょう。

月一でAmazonギフト券を誰かにプレゼントすることは割とありますから、万が一クレジットカードやスマホ決済を止められたとしても「友人へのプレゼント用に購入したのに止めるのか」と電話でカウンターできます。

バレる人の特徴③:高額Amazonギフト券を購入しがち

高額な Amazonギフト券を購入するのにも注意です。短期間ではなく、月一であっても高額な Amazonギフト券の購入は一発で現金化がバレるでしょう

信用状況にもよるとは思いますが。

Amazonギフト券を購入するなら月に一度、購入金額を1万円ー5万円程度にしておくことを重ねておすすめします。

バレる人の特徴④:日頃から支払い遅滞を繰り返している

日頃からクレジットカード会社やスマホキャリアへの返済を遅滞している人も現金化がバレる傾向が強いです。
過去に金融事故があった人も同じです

その理由は「信用がないから疑われやすいため」です。とてもシンプルですね。

信用情報機関の情報は5年でリセットされるので最後の遅滞から5年はAmazonギフト券の現金化は我慢した方が良いです。

Amazonギフト券現金化がバレるのを注意したら「買取ボブ」を使わなくなった

Amazonギフト券を利用した現金化は基本的にバレると思ってください。バレましたから

Amazonギフト券の現金化には業界一の老舗で振込も早い買取ボブを使っていましたが、結局バレるので買取ボブを使ったAmazonギフト券を利用した現金化はやめました。

何度も繰り返しますが、とにかくなんとかして現金を捻出してカード会社やスマホキャリアに当月利用分を返済してください。

クレジットカード現金化を利用する現金化サービスならAmazonギフト券を使わずに現金を調達できる!

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

クラッチ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。
クラッチなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

まとめ

Amazonギフト券の現金化がバレる人には原因がありました。現金化がバレることを防ぐためにも、現金化の際には以下の点に注意しましょう。

  • キャッシングはなるべくなら利用しない
  • 換金率の高いアイテムは短期間で大量に購入しない
  • 現金化業者は絶対に利用しない
  • キャッシングの返済は絶対に遅れない

Amazonギフト券は対応している買取業者では換金率が高く設定されていることが多いです。

今回紹介したバレない現金化方法を参考にして、現金を手に入れましょう。

カンキンマン
カンキンマン

「Amazonギフト券でバレてしまった・・・。」という最悪の事態は避けよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました