POSAカードをクレジットカードで購入する方法と裏技を大公開

この記事ではPOSAカードをクレジットカードで購入する方法について解説しています。

POSAカードをなんとかクレジットカードで購入したい

コンビニなどで売られているPOSAカードがクレジットカードで購入できたら非常に便利だと思います。

特にクレジットカードであれば現金が不足している方や金欠の方でもすぐに購入できます。

なんとかしてクレジットカードで購入したいと思いますよね。

しかしながら、基本的にはコンビニなどでPOSAカードといった金券類の決済にクレジットカードを利用することはできません。

つまり、裏技的な機転を利かせる必要があります。

そこで今回この記事で紹介するのが、「POSAカードをクレジットカードで購入する裏技」です。

具体的には、以下のようなポイントを解説していきます。

  • 各コンビニでのクレジットカードを利用したPOSAカード購入方法(裏技)とその手順
  • 通常の手段ではPOSAカードをクレジットカード購入できないワケ
  • カード会社・カードブランド問わず、すべてのクレジットカードでPOSAカードをカード購入する方法はないか
  • POSAカードに利用したい付与率が高いクレジットカード

対象店舗は「身近に店舗がある」かつ「みなさんが利用し慣れている」傾向がある「コンビニ」に限定します。

カンキンマン
カンキンマン

この記事を読めばコンビニでPOSAカードをクレジットカードできるようになるぞ!

それでは解説していきます。

POSAカードをクレカ購入する方法

POSAカードをクレジットカードで購入する方法は限られています。

  • 裏技その1:ファミマでPOSAカードをクレカ購入
  • 裏技その2:セブンイレブンでPOSAカードをクレカ購入
  • 裏技その3:ミニストップでPOSAカードをクレカ購入

上記のコンビニであれば「裏技」を利用して限られた方法でクレジットカード購入可能です。

目次からお好みの購入方法や気になる方法をお選びいただき、購入手順を確認していきましょう。

裏技その1:ファミマでPOSAカードをクレカ購入

ファミマ発行のクレジットカード「ファミマTカード」を利用すれば、ファミマ店内のPOSAカードをクレジットカード決済で購入可能です。

実際に過去には以下のようなポイントアップキャンペーンが行われていたこともありました。

出典ファミマTカード クレジット払い

このように大々的に「ファミマTカードならばPOSAカードをクレジット払いで購入できる」ということを明言しています。

POSAカードが購入できるのはファミマが発行するクレジットカード(ファミマTカード)ですので、通常のクレジットカードでは購入できません。

それでもクレジットカードでPOSAカードを購入できることには違いありません。

そこでここからはファミマTカードの発行~POSAカードの購入までを説明していきます。

ファミマTカードを発行し、コンビニへ

まずはファミマTカードを準備する必要があります。

まだ持っていない方は、以下の方法でファミマは新規登録・発行しなければいけません。

本人確認書類が必要ですので、ファミマTカードを作る前に準備しておきましょう。

ファミマTカード作成の流れ
  • ステップ1
    専用ページでファミマTカードの新規登録
    専用ページ」からファミマTカードの新規登録の手続きを行う(ファミマTカードの詳細について確認したら「上記内容をご確認の上、入会受付画面へ」を押す)
  • ステップ2
    審査
    審査には1~2週間程度かかる
  • ステップ3
    ファミマTカードが届く
    何の問題もなければ、ファミマTカードが届く

入会金・年会費は無料となっているので、作っておいて損はないですよ。

後はファミマTカードを利用してコンビニのPOSAカードを購入しましょう。

ただし、まれにPOSAカード会計時にファミマTカードの利用を断られる場合があります。

従業員の中にはファミマTカードならばPOSAカードを購入できることを知らない方もいるためです。

その際は、以下の画面を提示しましょう。

出典FamilyMart「ファミマTカード」

このような記載から「金券類」の購入も可能であることが分かります。

「公式サイトにはこのような記載があるので使える」とこの画面を提示することで従業員を説得することは可能です。

「特典」があるので額面以上の金額でお得に購入できる

ファミマTカードを利用して店頭でPOSAカードを購入しても「Tポイント」が貯まります。

POSAカードの購入と同時にTポイント(200円につき1ポイント)が加算されます。

Tポイントは精算時に利用できる便利なポイントです。

つまり、額面以上の金額(Tポイント)でPOSAカードを購入できるも同然というわけですね。

お得にPOSAカードを購入したい方は「ファミマでファミマTカード」と覚えておきましょう。

裏技その2:セブンイレブンでPOSAカードをクレカ購入

出典「nanaco」

株式会社セブン&アイ・ホールディングスが発行する電子マネー「nanaco」を利用すればPOSAカードをクレジットカード購入可能です。

正確にはnanacoにクレジットカードで残高チャージし、そのnanacoでPOSAカードを購入できます。

nanaco経由でクレジットカード購入できるというわけだ。

nanacoの準備~クレジットカードでチャージ

チャージできるクレジットカードは以下の通りです。

  • セブンカード/セブンカード
  • JCB
  • UC
  • VISA/VJA
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • OMC
  • MUFG
  • その他

参考nanaco「クレジットチャージ」

つまり、上記のブランドのクレジットカードをお持ちの方は、セブンイレブンでPOSAカードをクレジットカード購入できることになります。

しかし、nanacoを経由する必要がありますので、まずはコンビニでnanacoカードを新規発行する手続きを行いましょう。

以下の流れで事前に申請しておき、お出かけの際にセブンイレブンに立ち寄り、nanacoを受け取りましょう。

nanaco作成の流れ
  • ステップ1
    申請書作成
    Web申請書」を作成しておく
  • ステップ2
    必要情報設定
    メールアドレスやパスポートなどを設定
  • ステップ3
    メール提示
    受付完了メールが届くので、セブンイレブンに向かい店頭でそのメールを提示

後は残高にクレジットカードでチャージするだけです。

nanaco会員メニュー」からクレジットカードを登録・チャージしておきましょう。

ただし、nanaco発行直後だとチャージができないから注意しよう。

発行したばかりのnanacoにチャージしたい場合は最短でも11日程度はかかる。

nanacoでPOSAカードを購入可能

nanacoの準備とクレジットチャージが完了したら、セブンイレブンに向かい、店頭でPOSAカードを購入しましょう。

また、「nanacoで本当にPOSAカードを購入できるのか」と心配な方はいませんか。

以下をご覧ください。

「nanaco」で支払いができないもの

  • nanacoカード発行手数料
  • 各種電子マネーへの現金チャージ
  • 収納代行サービスの一部(オリンピックチケット代金のお支払いは、現金のみとなります)

引用セブン-イレブン「店内サービス」

このように「支払いができないもの」の中に「プリペイドカード」や「金券」といった記載はありません。

実際にnanacoでPOSAカードを購入できたので、問題はないよ。

クレジットカードによってはチャージ時に「ポイント」が付与!

以下のクレジットカードはnanacoへのクレジットチャージでクレジットカードにポイントが付与されます。

  • 「リクルートカード」:1.2%
  • 「セブンカード・プラス」:0.5%
  • 「TOKYU CARD ClubQ JMB」:1.0%
  • 「セディナゴールドカード」:0.5%

さらにnanaco払いで200円(税抜)ごとに1ポイントが付与されるので、チャージ時のポイントと合わせて、さらにお得にPOSAカードを購入できるチャンスとなります。

ぜひご利用ください。

裏技その3:ミニストップでPOSAカードをクレカ購入

出典「WAONカード・WAONカードプラス」

ミニストップでもPOSAカードを「裏技」でクレジットカード購入できます。

nanacoでのPOSAカードの際と同様に電子マネーである「WAONカードプラス」を経由する方法です。

ミニストップのサイトを見て分かるとおり、WAONカードならばPOSAカードの購入が可能であることがわかる。

5のつく日は「わくわくデー」でポイントが2倍となりお得だ。

「WAONカードプラス」はクレジットカードでの残高チャージが可能なタイプとなっています。

ただし、この方法はイオン系列のクレジットカードが必要となるので、まずは対象となるクレジットカードを発行する必要があります。

「WAONカードプラス」と合わせて2重に準備する手間があるので、面倒な場合はnanacoを作成して既存のクレジットカードでクレジットチャージを行う方法をおすすめします。

流れは以下の通りです。

WAONカードプラス作成の流れ
  • ステップ1
    WAONカードプラスの申込み
    ネット上の申込みフォームで申込み
  • ステップ2
    WAONカードプラスの到着
    2週間~1ヶ月後、WAONカードプラスが届く

諸手続を済ませたら、WAONカードプラスにクレジットチャージを行います。

以下の端末でクレジットチャージ可能です。

  • WAONチャージャー
  • イオン銀行ATM
  • WAONステーション
  • WAONネットステーション
  • モバイルWAONアプリ

ミニストップにはイオン銀行ATMがあるので、そちらでのチャージがおすすめです。

あとは以下の方法でクレジットチャージしていきましょう。

クレジットチャージの方法
  • ステップ1
    手続き開始
    「クレジットからチャージする」ボタンをタッチ
  • ステップ2
    かざす
    WAONカードプラスをかざす
  • ステップ3
    希望金額タッチ
    希望する金額にタッチ
  • ステップ4
    クレジットカード挿入~チャージ
    クレジットカードを挿入し、暗証番号を入力、「確定」(「ワオン」と鳴れば、チャージ完了)

後はチャージしたWAONカードプラスでPOSAカードを購入するだけです。

それでもPOSAカードを購入できないクレジットカード多し

ここまで紹介した通り、POSAカードを購入できるクレジットカードは以下のように限られています。

  • ファミマならば「ファミマTカード」
  • セブンイレブンならば「nanaco(クレジットカードでチャージ)」
  • ミニストップならば「WAONカード(クレジットカードでチャージ)」

このように、ファミマTカードやnanacoを準備しなければいけません。

クレジットカードの新規登録や電子マネーカードの作成などの手間があり、「手元にあるクレジットカードではすぐにPOSAカードを購入できない」という方も多いはずです。

 

まだあきらめないで!クレジットカードでPOSAカードを購入できる裏技は他にもあるよ!

次章「諦めないで!通販サイトならすべてのクレカで購入できる」をチェックしてみよう。

 

 

「本当にクレジットカードでPOSAカードを購入できないの?」と納得のいかない方もいるだろう。

そこで次の項目を見てほしい。

本当にクレジットカードでPOSAカードを購入できないのか

POSAカードはクレジットカードで購入できません。

しかし、中には納得のいかない方もいるでしょう。

そこでコンビニごとに本当にPOSAカードのクレジットカード決済に対応していないか確認していきます。

まずはファミマです。

ご利用いただけるクレジットカード
(中略)
お支払いできない商品・サービス

公共料金等の各種代金お支払い
Famiポート取扱い商品・サービス(チケット※を除く)
プリペイドカード類(POSAカード、QUOカード、テレホンカード等)

引用FamilyMart「クレジットカード」
※赤字加工

ファミマでもクレジットカードでPOSAカード(QUOカード、テレホンカードほかプリペイドカード)は購入できません。

続いては、セブンイレブンです。

「クレジットカード」で支払いができないもの
(中略)

  • クオ・カード
  • テレホンカード
  • プリペイドカード
  • プリペイド携帯カード
  • ビール券・酒クーポン券

引用セブン-イレブン 店内サービス「ご利用可能なお支払い方法」
※赤字加工

QUOカードからビール券まで金券類はクレジットカードで購入できません。

当然、金券類にはPOSAカードも含まれていますので、残念ながらセブンイレブンではクレジットカードでPOSAカードを購入できません。

最後は、ミニストップです。

 

クレジットカードをご利用いただけない商品・サービス

  • 金券類
  • 切手/印紙・はがき・ギフトカード・テレフォンカード・ごみ処理券・電子マネーWAONカード

引用MINISTOP「クレジット」

このように、ミニストップでも同様にクレジットカードでは購入できません。

これはコンビニだけではなく、ビッグカメラ各種家電量販店やクリエイトSD、TSUTAYA、ドン・キホーテなどPOSAカードを取り扱う店舗であっても同様です。

ほぼすべての店舗でクレジットカードを利用してPOSAカードを購入することは、基本的には不可能と覚えておきましょう。

なぜクレジットカードでの購入に対応しないのか

これに関してはPOSAカードを販売する各店舗で明言されていないので詳細は不明です。

現時点で分かっていることは、

  • 基本的にはPOSAカードのクレジットカード決済には対応しない
  • ただし、一部のクレジットカードや電子マネーカード(運営会社発行のもの)ならば購入できる

の2点のみとなっています。

2点を見るとクレジットカード決済には基本的には対応しないのに、自社発行のクレジットカードなどの決済には対応するのは不思議ですよね。

その根本的な原因としては、

  • クレジットカード決済手数料
  • POSAカードの利益の少なさ

があると思われます。

まず、店舗が支払いにクレジットカード決済を導入し、カード会社の加盟店となると「決済手数料(加盟店手数料)」をカード会社に支払う必要があります。

この決済手数料は大体、商品代金(クレジットカードで決済されたもの)の3~4%です。

この決済手数料をお客に請求することはカード会社の規定で許されていない。

お店が払わざるをえないんだ。

電子マネーも導入時に同様の「決済手数料」を支払わなきゃいけないんだ。

こういったキャッシュレス決済はお店の負担が大きいわけだね。

つまり、支払いにクレジットカードを使われると、お店は都度3~4%の手数料をカード会社に支払っているわけですね。

さらに、POSAカードの利益は値入が10%以下と少ないといわれています。

そのため、もしPOSAカードのクレジットカード決済に対応してしまうと、お店の利益は6~7%以下となってしまうのです。

このままでは儲けが少なくなるので、基本的にはクレジットカード決済に対応しないと考えられます。

ただし、コンビニなどが自社で独自で発行したクレジットカードや電子マネーカードならば、他社の決済方法を利用された時のように「決済手数料」を支払う必要はありません。

そのため、お店側からすれば

  • ファミマの「ファミマTカード」
  • セブンイレブンの「nanaco」
  • ミニストップの「WAONカード」

といった独自の決済方法であれば、POSAカードを利益を減らさずに売ることができます。

つまり、クレジットカードでの購入に対応しない理由として「高く売りたいから」というものが考えられます。

あくまで憶測なので注意してほしい。

こだわらなければ、クレジットカードで購入できる方法もあるよ。

次章「諦めないで!通販サイトならすべてのクレカで購入できる」を参考にしてPOSAカードを購入しよう!

諦めないで!通販サイトならすべてのクレカで購入できる

みなさんが必要としているPOSAカードは以下のようなものであると思われます。

  • Amazonギフト券
  • Google Play ギフトコード
  • iTunesカード
  • WebMoney
  • STEAMデジタルギフトカード
  • 楽天ポイントギフトカード
  • バニラVisaギフトカード
  • JCBプレモカード
  • プレイステーション® ストアカード
  • ニンテンドープリペイドカード
  • DMMプリペイドカード
  • U-NEXTカード
  • LINEプリペイドカード
  • その他

このように、コンビニなどのPOSAに対応する「POSAカード」とはいえど、あくまでも実態は「プリペイドカード」です。

「コンビニなどで販売されているPOSAカード」にこだわらなければ、インターネットを利用して簡単にクレジットカード購入できます。

例えば、Amazonギフト券はAmazonで5分もあればクレジットカード購入できるぞ。

わざわざコンビニに向かうよりも楽だろう。

おすすめの通販サイトは以下の3つです。

  • その1:kiigo
  • その2:Amazon
  • その3:楽天市場

こういった通販サイトでは、様々なカードブランドでの決済方法を導入しています。

つまり、手元にあるクレジットカードを利用してプリペイドカードを購入できるということです。

Amazonギフト券、Google Play ギフトコード、iTunesカードなどのプリペイドカード(POSAカード)が購入できる上記3サイトを一つずつ見ていきましょう。

その1:kiigo

出典「kiigo」

kiigoは、インコム・ジャパン株式会社が運営しているデジタルコード(プリペイドカード)専門の通販サイトとなっています。

実はこのインコムジャパンこそが日本に「POSAカード」のシステムを初めて導入した企業なのだ。

だから、コンビニなどでPOSAカードを購入するのと同じくらいの安心感で利用できるね。

このkiigoで取り扱われているプリペイドカードの主なラインナップは以下の通り。

  • Google Playギフトコード
  • U-NEXTカード
  • iTunesカード
  • Netflixカード
  • バンダイナムコカード
  • DMMカード
  • その他

ただし、支払いに利用できるクレジットカードは以下の2つのカードブランドのみです。

  • Visa
  • MasterCard

JCB系のクレジットカードは利用できませんので注意しましょう。

購入枚数にも制限があり、以下のようになっています。

A.会員の方は諸費用(税金・手数料が発生する場合)を含め、50,000円/月までお買い求めいただけます。
一方で非会員の方は諸費用含め3,000円/月までお買い求めいただけます。なお毎月1日に前月の合計金額はリセットされます。

引用Kiigo よくある質問「購入数に制限はありますか。」tml

このように、会員登録を行えば、上限を3,000円から50,000円に変更することができますよ。

会員費などは一切かかりませんので、登録しておいても良いでしょう。

その2:Amazon

出典「POSAカード」

おなじみのAmazonでは、コンビニでも売られている「Amazonギフト券」がクレジットカードを利用して5分で購入できます。

Amazonギフト券が欲しい方はAmazonを利用しよう!

Amazonギフト券には様々なタイプがありますが、主要なものは以下の3つです。

  • タイプ1:カードタイプ(店頭で販売されているPOSAカードタイプ)
  • タイプ2:Eメールタイプ(Amazon公式サイトから購入できるデジタルタイプ)
  • タイプ3:チャージタイプ(Amazonアカウントに直接チャージされ、残高追加用のコードが発行されないタイプ)

このうち、5分で発行できるのはEメールタイプとなります。

このEメールタイプはクレジットカードでのみ購入可能であり、むしろおすすめのAmazonギフト券タイプとも言えます。

Amazonで利用できるカードブランドは、

  • Visa
  • Mastercard
  • American Express
  • Diners Club
  • JCB
  • 銀聯(クレジットカードのみ利用可)

参考Amazonヘルプ&カスタマーサービス「ご利用可能なクレジットカードおよびデビットカードの種類」

ほとんどのクレジットカードが利用できるので、既存のクレジットカードでPOSAカードが購入できなくて困っていた方の救済措置とも言えるでしょう。

AmazonではAmazonギフト券以外のプリペイドカードを購入できませんが、Amazonを利用する機会は年一度程度はあるとは思いますので、購入しておいて損はないでしょう。

Amazonギフト券(Eメールタイプほか)の購入方法・購入手順や他のタイプとの比較、Amazonの使い道について以下の記事で詳しく紹介しているのでチェックしておきましょう。

Amazonでは「キャッシュレス払いで5%還元」などのキャンペーンを行っているのでAmazonギフト券をお得にゲットできるぞ。

Eメールタイプが全然届かないという方は下記の記事もチェックしてみてね。

その3:楽天市場


出典「楽天市場」

楽天市場でも、プリペイドカードをクレジットカード購入できます。

AmazonのようにAmazonギフト券に限らず、「認定店」と呼ばれる公式の出品者がGoogle PlayギフトコードiTunesカードを販売しています。

Amazonギフト券以外の主要なプリペイドカードはほぼ楽天で購入できますので、Amazonやkiigoなどの通販サイトと使い分けましょう。

このように通販サイトを利用すればコンビニなどのPOSAカードにこだわる必要はないんだ。

ぜひ有効に活用して欲しい。

番外編:電子マネーでも購入できるのか調査


クレジットカード以外にも、電子マネーやスマホ決済などといった決済方法でPOSAカードが購入できるか気になる方もいるでしょう。

以下の2つの方法で購入できるか調査しました。

  • 「d払い」でPOSAカードが購入できるか
  • 「クイックペイ」でPOSAカードが購入できるか

詳しくは以下の記事をチェックだ!

必ずPOSAカードを買いに行く前にチェックして欲しい。

まとめ

ここまでPOSAカードの購入方法を紹介してきましたが、「通販サイト」ならば簡単に購入できます。

  • その1:kiigo
  • その2:Amazon
  • その3:楽天市場

この記事を参考にして、お望みのPOSAカードをクレジットカード決済でゲットしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました