Vプリカ購入のやり方を1記事で詳しく紹介します

この記事ではvプリカの購入方法について解説しています。

「vプリカでゲームが買いたい」「未成年でもvプリカを購入できる方法が知りたい」「vプリカをクレジットカード購入したい」という方に向けて、vプリカの購入方法を解説しているゾ!

vプリカはオンライン上でクレジットカードのように利用できるプリペイドカードであり、「VISA」ブランドが利用できるサイトならばどこでも利用できます。

要は、VISAブランドのクレジットカードを持っているようなものだね。多様な用途で使えるけど、特に18歳以下でカードを作れない方は「ゲームのオンライン購入」などに必須だと思う。

まずは、購入方法を知りたいところでしょう。この記事で重点的に解説していくのは以下のポイントです。

  • vプリカ購入方法・流れ(具体的にどうやって買うのか)
  • vプリカの購入先(どこで買えるのか)
  • vプリカの額面(何円単位のものが買えるのか)

vプリカが必ず購入できるようになりますので、ぜひ最後までご覧くださいませ。

購入前の下準備!vプリカアカウントに登録しておこう

既に「vプリカアカウント」をお持ちの方は次章から購入の方法へお進みください。

「vプリカアカウント」は購入したvプリカを管理するためのアカウントです。例えば以下のようなことができます。

vプリカを購入した後は、このアカウントと紐付けてvプリカを利用します。そのため、基本的にはアカウントが必要となるのです。

まずは以下の流れでvプリカのアカウントを作成しておきましょう。

アカウント開設
  • STEP1
    vプリカ公式サイトから「アカウント開設」
    vプリカ公式サイトから「アカウント開設」をクリック・タップして、開設の手続きを行う
  • STEP2
    メールアドレス記入
    事前登録用のメールアドレスを記入・送信すると、メールアドレス宛に本登録のURLが発行される
  • STEP3
    本登録
    ログインID・パスワード(メモ推奨)、生年月日や電話番号、住所など必要事項を記入し、本登録を行う
  • STEP4
    登録完了
    メールアドレス宛に登録完了メールが届いたら登録完了

メールアドレスさえあれば、5分程度で開設できますので購入の前に登録しておきましょう。

登録が面倒な方は「「vプリカギフト」ならアカウント登録不要で購入も簡単」を確認して、vプリカギフトを購入しよう!

コンビニでのvプリカ購入方法と手順

コンビニであれば年齢に関係なく、vプリカを購入することができます。コンビニにある端末を操作して残高追加用の「コード」を発行しにいきましょう。ここからはコンビニでのvプリカの買い方を説明していきます。

vプリカコンビニ購入の流れ(コード発行)

vプリカのコード発行~残高追加の流れを見て行きましょう。

vプリカコンビニ購入の流れ
  • STEP1
    コンビニ端末利用で申込券発行
    最寄のセブンイレブン、ローソン、ファミマに向かい、コンビニ端末を利用してvプリカの購入画面を選択、券種を指定すると申込券が発行される
  • STEP2
    申込券をレジへ
    申込券をコンビニのレジに持っていき、利用代金(額面分)を支払う
  • STEP3
    作成したアカウントへ残高追加
    作成しておいたvプリカアカウント(Myページ)にログインし、「コード入力」からコンビニで購入したコードを入力して、SMS認証を済ませて残高を追加する

コンビニで発行したコードをアカウントに紐付けましょう。

この方法ならば年齢制限もないので、誰でも購入できるゾ!

各種端末で申込券を発行するための操作方法は以下の通りです。

  • セブン端末「マルチコピー機」:「プリペイドサービス」「電子マネー・音楽・動画」「ネットショッピング」「ブランドプリペイド」「Vプリカ」の順に画面をタッチ
  • ファミマ端末「Famiポート」:「プリペイド」「電子マネー(オンラインマネー)」「Vプリカ」の順に画面をタッチ
  • ローソン端末「Loppi」:「各種サービスメニュー」「携帯・国際プリペイド/ネット用マネー」「ネット用マネー」「Vプリカ」の順に画面をタッチ

簡単に発行できますのでご安心ください。

支払いは現金のみ!クレジットカードは利用できない

コンビニではvプリカのような金券類にはクレジットカード支払いが利用できません。まずはセブンイレブンから見てみましょう。

「クレジットカード」で支払いができないもの
(中略)
・プリペイドカード

引用セブン-イレブン「店内サービス」

プリペイドカードにはvプリカも含まれますので、セブンイレブンではvプリカ購入にクレジットカードは利用できません。続いては、ファミマです。

お支払いできない商品・サービス
(中略)
プリペイドカード類(POSAカード、QUOカード、テレホンカード等)

引用FamilyMart「クレジットカード」

ファミマでもカード決済は利用できませんね。最後にローソンです。

クレジットカードのご利用にあたり
●テレホンカード類、バスカード・各種乗車券・回数券、各種商品券、QUOカード、切手・ハガキ、・印紙、一部のLoppi取次サービス、公共料金・収納代行票でのお支払は現金のみとさせていただいております。

引用LAWSON「利用できるお支払方法」

現金のみの支払いとなっています。このようにvプリカの購入は現金が基本となりますので、ご注意ください。クレジットカードで購入したい方は次章の方法で購入しましょう。

ネットでのvプリカの購入方法と手順(カードOK)

vプリカはコンビニだけではなく、ネットからでも購入可能です。

ただし、この方法の支払い方法は「クレジットカード」と「インターネットバンキング」に限定されます。現金での支払いはできませんのでご注意ください。

クレジットカードでvプリカを購入したいならコンビニではなく、「ネット」だよ!

vプリカネット購入の流れ

ネットから購入すると言っても通販サイトなどを利用して購入するわけではありません。vプリカの公式サイト上から残高を追加する方法です。

vプリカネット購入の流れ
  • STEP1
    Myページにログイン
    作成しておいたvプリカアカウント(Myページ)にログインし、「Vプリカ購入」を選択
  • STEP2
    支払い方法選択と代金支払い
    「クレジットカード」または「インターネットバンキング」から利用する支払い方法を選択し、SMS認証後、Vプリカの代金を各種支払い方法で支払う
  • STEP3
    コードは発行されず残高は自動追加
    決済後は自動で残高が追加されるのでコードを入力する必要はなし

上記の流れで簡単にvプリカをネット購入できます。

利用できる決済方法とwebmoneyで購入する裏技

利用できる決済方法は「クレジットカード」と「インターネットバンキング」でしたね。

「クレジットカード」については、

  • VISA
  • mastercard

の2つのカードブランド利用可能です。JCB系のカードでは購入できないのでご注意ください。クレジットカードの登録はMyページの「ご登録情報」から登録できます。

JCB系のカードをお持ちの方はJCBギフトカードの購入も検討してみよう。以下では購入方法も解説しているゾ!

「インターネットバンキング」については、以下の金融機関が対応しています。

  • 都銀・地銀
  • そのほか(住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行)
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫

上記の口座を利用してvプリカをネット購入することもできます。

最後にWebMoneyで購入する裏技について。

WebMoneyの状態ではvプリカを購入できませんが、mastercardの「WebMoneyプリペイドカード」を作成し、WebMoneyの残高を移行し、vプリカをそのWebMoneyプリペイドカードで購入することできます。

「WebMoneyプリペイドカード」はクレジットカードのように利用できるプリペイドカードだ。このプリペイドカードはmastercardブランドで、vプリカの購入ができるということだな。

WebMoneyプリペイドカードの作成方法は下記の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

「vプリカギフト」ならアカウント登録不要で購入も簡単

「vプリカギフト」はこれまでに紹介してきたvプリカとは若干性質が異なります。こちらはアカウントの開設が不要で、コンビニで購入後即座に利用できるvプリカとなっています。

カード番号や暗証番号はギフトカードに記載されている。つまり、購入後そのままクレジットカードのように利用できるということだ。残高が決められたクレジットカードを購入するようなものだな。

以下の店舗でvプリカギフトを購入できます。

  • ローソン
  • セイコーマート
  • NewDays
  • SAVE ON
  • コミュニティストア
  • MrMax
  • サツドラ
  • ワンダーグー
  • BOOK EXPRESS
  • Smart Labo
  • アニメイト
  • コクミンドラッグ
  • Vドラッグ

コンビニ以外にも書店や薬局などで購入できます。購入後はカード番号と暗証番号を利用して、オンライン上のショッピングを楽しみましょう。

vプリカの購入金額・単位は?購入できる額面一覧

vプリカの購入金額(額面)の一覧は以下の通りです。

額面 ※カッコ内購入価格
コンビニ購入 2,000円(2,200円)
3,000円(3,200円)
5,000円(5,200円)
7,000円(7,280円)
10,000円(10,390円)
ネット購入 500円(700円)
1,000円(1,200円)
2,000円(2,200円)
3,000円(3,200円)
5,000円(5,200円)
10,000円(10,200円)
20,000円(20,200円)
30,000円(30,200円)
vプリカ
ギフト購入
3,000円(3,250円)
5,000円(5,290円)

ネット購入の場合は額面の種類が一番多くなります。様々な額面単位で購入できるので良いですね。

次に手数料について。

手数料は200円~300円程度がかかります。

コンビニ購入の場合は7,000円を超えると、ネットで購入するよりも若干割高となってしまいます。追加したい残高が7,000円を超える場合は、ネットで購入すると少しでも節約になります。

また、vプリカギフトはアカウントの開設が不要で使い勝手が良いですが、少しだけ割高です。50円、100円程度でも気になるという方はやはりネットを理由した残高追加がおすすめです。

【金策】クレジットカードで購入したvプリカを換金すれば現金が調達可

vプリカはクレジットカードで購入することができましたね。カード決済で購入したvプリカを換金することができれば、カードの利用枠を現金化することができます。現金が不足している時に利用したい金策です。

現金化については下記の記事で詳しく解説しているよ!まずはこの記事でアカウントに残高追加して、以下の記事の手順で換金、クレジットカードを現金化しよう!

まとめ

vプリカを購入するためにはアカウントの開設が必要です。「コンビニ」「ネット」「vプリカギフト」の3種類があり、それぞれ決済できる手段が異なるので、この記事を参考にし、都合の良い購入方法で購入しましょう。

vプリカがあればクレジットカードが現金化できる!でも、もっと簡単に現金を用意する方法があるゾ!それが「クレジットカード現金化サービス」だ。こちらのサービスを利用して現金を調達しよう!

スピードワン

換金率は入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
交渉すればするほど高くしてくれるというウワサの業者さんです^^
カード決済は、海外経由なので利用停止の心配もなし。
高換金率、安心、スピードと三拍子そろった業者はいません。カンキンマンいちおしです!

エーキャッシュ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。エーキャッシュなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました